関西LOVERS

和歌山のおすすめイルミネーションと夜景スポット

2015年12月15日(火)/和歌山


大阪や京都と同じ近畿地方にありながら、ついつい忘れられた存在になりがちな和歌山県。豊かな自然と紀州みかんが有名ですが、その和歌山にも、夜を楽しむためのイルミネーションや夜景スポットが、数多くあります。

PR

【最初ヶ峰展望所】

最初ヶ峰展望所

和歌山の夜景スポットとして、ダントツの人気を誇っている最初ヶ峰展望所。
山頂展望台からは180度もの視界が広がり、紀の川を中心に見られるそのダイナミックな光景は、昼間は勿論の事、夜景スポットとしても絶大な人気があります。
展望台からの大パノラマの光景は見応え十分ですが、駐車場からの眺めもおすすめで、視界90度ながら、こちらもパノラマ感は十分に堪能できます。
駐車場から下山方面に向かうと、第二展望台があり、粉河町方面の夜景は山頂展望台からは見る事ができないため、こちらの眺めもおすすめします。
ベンチに座ったままでの夜景観賞が出来ますから、デートスポットとしても最高ですね。

期間 終日開放
住所 和歌山県紀の川市市竹房
入場料金 無料
アクセス JR内田駅からタクシー

【和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ】

和歌山マリーナシティ ポルトヨーロッパ イルミネーション

ekitan.com

マリンスポーツとテーマパークを見事に融合させた、大型複合娯楽施設のマリーナシティ。
その中にあるポルトヨーロッパは、中世の地中海を彷彿させる街並みを再現させていて、毎年多くの観光客が訪れています。
美しいポルトヨーロッパでは、冬季限定イベントとして開催されている「クリスマス・イルミネーション」が有名です。
高さ10mの大きさのジャンボクリスマスツリーには、約2万個もの電飾が飾り付けられ、クリスマスの夜を暖かく盛り上げてくれます。
季節の花や植物で彩られているガーデニングスポットでは、園内13か所がライトアップされていて、夜の闇に浮かぶ幻想的な世界を楽しむことができます。

期間 2015年11月1日(日)~12月25日(金)※12/1(火)・8(火)・15(火)は休園日
時間 夕方4時半頃~閉園まで(午後5時) ※期間中の土・日・祝は午後6時まで
住所 和歌山県和歌山市毛見1527
入園料 大人 1500円
小人(3歳~小学生) 900円
アクセス JR海南駅からバスで約15分

【葛城山展望台】

葛城山展望台

osakaland.blog.fc2.com

夏の暑さを逃れる人達で賑わう、和歌山の避暑地として有名な葛城山。
そこにある古代の石器時代遺跡のような外観の、コンクリート製の巨大な円柱形の展望台を上ると、一気に視界が広がり、天候が良ければ大阪・関空は勿論の事、はるか神戸や明石海峡大橋までを、肉眼で眺めることができます。
展望台のある地点は標高800mもあるため、和歌山市を一望でき、夜間には関空の照明や連絡橋のライトアップが楽しめます。
展望台へは麓から参道を徒歩で30分以上かけて上るため人が少なく、美しい夜景を独り占めすることもあるかもしれません。
展望台近辺には最寄り駅やバス停が無く、約150m離れた所に無料駐車場がありますから、車でのアクセスをおすすめします。

期間 終日開放
住所 和歌山県紀の川市切畑
入場料金 無料

 

【白良浜】

白良浜 夜景

enosan.blog.so-net.ne.jp
夏には大勢の海水浴客で賑わう白浜町の海岸である白良浜。
この浜辺では冬のシーズンになると、約10万個もの電球で着飾ったイルミネーションのオブジェが、長さ300mにも渡って現れます。
オブジェは「光の宇宙」をテーマに星座や天使のゲートを電球で表現していて、ガゼボやペガサス等がロマンチックな雰囲気を醸し出しています。
幻想的な世界観を表したイルミネーションは、和歌山県内ではNo.1の人気を誇っています。
石英の白い砂に浮かび上がる数々の光のオブジェは、冬の冷たい夜風に震えるカップルたちの心を温めてくれるでしょう。

期間 2015年12月1日~2016年2月29日
時間 2015年12月 1日(火)~2016年1月 31日(日) 17:00~22:00
2016年2月 1日(月)~29日(月) 17:30~22:00
住所 和歌山県白浜町
入場料金 無料
アクセス JR白浜駅からバスで約14分

【彦五郎イルミネーションフェスタ2015】

彦五郎イルミネーションフェスタ2015

woman.excite.co.jp

和歌山県上富田町を流れる富田川には、彦五郎堤防と呼ばれている堤防があります。
これは大昔に幾度となく氾濫を繰り返していた富田川に、絶対にやぶる事のない堤防を作ろうと、自ら人柱となって身を捧げた農民、彦五郎がいました。
その彦五郎伝説から始まった「彦五郎イルミネーションフェスタ2015」。
彦五郎の尊い自己犠牲精神と、命の重さを伝えていこうと始まったこのイルミネーションは、彦五郎公園周辺で行われている無料イベントです。
自主防災や環境問題の意味も込められていて、毎年イルミネーションの点灯と共に、廃油を使ったキャンドルの点灯式が行われています。
無料イベントながら、開催期間は翌年の1月までと長期にわたっていますから、和歌山への温泉旅行のついでに足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

開催期間 2015年12月13日(日)~2016年1月10日(日)
点灯時間 17~22時
住所 和歌山県上富田町生馬
入場料金 無料
アクセス JR朝来駅から徒歩約20分


近畿地方の最南端に位置しているため、それほど冬の寒さが厳しくない和歌山。
豊かな自然や温泉に美味しい料理と、和歌山を楽しむスポットは多いですが、夜の和歌山の魅力を楽しみに、一度訪れてみることをおすすめします。

PR