関西LOVERS

京都のお勧めのうどん屋を厳選

2015年11月09日(月)/京都


 

京都はラーメン激戦区ですが、うどん屋もなかなかアツイです。
今回は、美味しいうどんが食べれる店をピックアップしてみました。

PR

京都 権太呂 本店

京都 権太呂 本店

出典:gontaro.co.jp

 

明治43年創業のうどん屋。
錦市場の近くにある本店をはじめ、岡崎店、金閣寺店の3店舗で京風うどんを味わうことができます。

京都 権太呂 本店 (ごんたろ)

出典:tabelog.com
自慢の出汁は毎日早朝から仕込みます。
肉厚の羅臼昆布と、うるめ、めじか、さばの3種の削り節など厳選材料を使い、熟練の職人が3時間ほどかけて完成させる出汁は旨みが広がる上品な味わい。
麺は味、コシ、喉越しの良さのバランスが絶妙で、出汁にもよく合います。
「京風うどんすき権太呂なべ」が有名ですが、海老天、鶏肉、筍、椎茸、九条ねぎなど具材がたっぷり入った「鍋焼きうどん」もオススメ。

権太呂 本店
住所:京都市中京区麸屋町通四条上ル桝屋町521
電話:075-221-5810
交通手段:阪急河原町駅より徒歩3分 阪急烏丸駅より徒歩5分 河原町駅から299m
営業時間:11:00~21:00 12/31のみ11:00~23:30(LO/23:00)
定休日:水曜日

山元麵蔵(やまもとめんぞう)

山本麵蔵 店

出典:http://find-travel.jp/article/10354
行列必至の京都の人気有名店。
メニューは豊富で、きつねや天ぷらなどの定番のうどんの他に自家製香味油の入ったうどんや冬季限定うどんなどがあり、中でも人気はつけ麺です。
つけ麺メニューは8種類。

お勧めは「牛と土ごぼうのつけ麺」で、鰹と昆布で出汁を取ったつけ汁に細切れの牛肉とささがきのごぼうがたっぷり入っています。
見た目に艶々で美しいうどんは、弾力があってとても長く、麺を切るためのハサミが付いて来るほど。
つけ汁に浸して口に運ぶと、ツルツルッと喉を通って行きます。

スパイスの効いた、ちょっと辛めの「京カレーつけ麺」も人気。
そして食べ終わりを見計らって、サービスで出て来る杏仁豆腐が心憎い。
また接客も素晴らしいお店で、行列に並んでいるお客さんにお茶やブランケットを持って来てくれたり、お客さんへの声掛けや気遣い、挨拶など非常に気持ちのいいお店です。
人気の秘密は味だけではないですね。

山本麵蔵 うどん

出典:http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26002504/

山元麵蔵
住所:京都市左京区岡崎南御所町34
電話:075-751-0677
営業時間:月・火・金・土・日・祝11:00~18:00
水曜日11:00~14:30
※麺が無くなり次第終了
定休日:木曜・第4水曜(祝日の場合は翌日)
臨時休業や臨時営業などがありますので、上記ブログでご確認ください

辨慶うどん 西京極店

辨慶うどん 西京極店

出典:tabelog.com

飲んだ帰りにラーメンではなく・・・うどんが食べたい!
そんな思いを抱く人の強い味方のうどん屋です。
鰹節を使った風味豊かな甘めの出汁と、柔らかい細麺が特徴。
人気メニューの「べんけいうどん」は、甘きつね、辛いきんぴら、肉が入ったうどんで、具材の旨みが出汁に溶け込んでまろやかな味わいに。
メニューの豊富さにも定評があり、カレーうどんも捨てがたい。

辨慶うどん 西京極店
住所:京都市右京区西京極東大丸町16
電話:075-313-5464
交通手段:阪急西京極駅より徒歩5分 西京極駅から339m
営業時間:月~土11:30~15:00 17:00~翌3:00 日祝11:30~15:00 17:00~23:00(売り切れ次第終了)
定休日:不定休

けんどん屋

けいどん屋

出典:tabelog.com

伏見稲荷大社の近くにあることから、伏見稲荷の参拝客と地元の人が集う人気店。
こちらでいただけるのは、讃岐うどんの製法で打ったモチモチの弾力とコシが評判のうどんです。
圧力釜で湯がいた自家製麺、北海道稚内産の利尻昆布とサバ・ウルメ・メジカの削り節を使った出汁。
なんとも風味豊かな讃岐うどん!
うどんは店主が毎日打つので、お店の外からはガラス越しに店主がうどんを打っている姿を見ることができます。

けんどん屋
住所:京都市伏見区深草一ノ坪町41パールハイツイナリ1F
電話:075-641-1330
交通手段:京阪伏見稲荷駅より徒歩5分 JR稲荷駅より徒歩10分 伏見稲荷駅から105m
営業時間:11:00~14:30 17:00~20:30
定休日:水曜日、不定曜日(月に1日)

岡北

岡北 店

出典:http://kyotopi.jp/gourmet/5303

創業70年、京うどんと生蕎麦の行列のできる老舗。
京都の食文化は出汁が命。うどんも出汁の旨さが決め手です。
天然利尻昆布と鰹を使った岡北の出汁は、三代にわたって磨かれて来た技が光る他にはない味に仕上がっています。
その出汁を生かして主張し過ぎない細麺は、しなやかで艶やかな京美人の麵。
お勧めは「天とじうどん」。うどんを覆い尽くすどんぶり一面の卵とじにエビ天が2匹刺さっています。
揚げ立てプリプリのエビと、お出汁を含んだ卵とじがふわふわアツアツで、細目の麵が良く合う優しくて京都らしい「おうどん」です。
職人の技を活かしたインテリアなど、落ち着いた店の雰囲気も素敵です。

岡北 うどん2

出典:http://www.kyoto2.jp/

岡北
住所:京都市左京区岡崎南御所町34
電話:075-771-4831
営業時間:11:00~20:00
定休日::火曜日・第1、第3水曜日
アクセス:市バス動物園前バス停から北へ徒歩2分
地下鉄東山駅から徒歩約10分

手打ちうどん ほそ井

手打ちうどん ほそ井

出典:tabelog.com

北海道産きたほなみ、三重県産あやひかり、福岡県産チクゴイズミの厳選した小麦粉を独自にブレンドした細打麺。
店主が試行錯誤を繰り返した結果、24時間以上低温熟成することで讃岐うどんとは異なる食感を完成させました。
出汁は羅臼昆布や数種類の削り節、煮干し、干し椎茸などをブレンド。
旨みが際立つ特製の出汁と合わせた手打ちうどんは他店に引けを取らない美味しさです。
また、白味噌や柚子胡椒など20種類以上のスパイスと香辛料をブレンドした「白カレーうどん」にも注目。

手打ちうどん ほそ井
住所:京都市右京区太秦桂ケ原町17
電話:075-871-6707
交通手段:嵐電太秦広隆寺駅より徒歩3分 太秦広隆寺駅から226m
営業時間:11:30~15:00(LO/14:30) 17:30~21:30(LO/21:00)
定休日:木曜日

お食事処 やまびこ

お食事処 やまびこ

出典:tabelog.com

カレーうどんを食べたければ「お食事処 やまびこ」へ。
訪れる客のほとんどはカレーうどんを注文します。
名物の「辛口すじカレーうどん」は、カレー通も唸る美味しさ。
国内産和牛の牛すじ肉の旨みと、カレーの辛さは癖になる味わいで、汗と感動がとまりません。
甘口派の方は刺激が強いかも?!

お食事処 やまびこ
住所:京都市中京区丸太町通西洞院東入ル田中町122
電話:075-231-5477
交通手段:京都市営地下鉄丸太町駅より徒歩6分 丸太町駅から405m
営業時間:11:30~14:45 ※売り切れ次第終了
定休日:土曜日

本格手打ちうどん大河

大河 店

出典:http://www.e-aidem.com/

讃岐うどんのカリスマおばあちゃん、池上製麺所の「るみばあちゃん」の最後の弟子といわれる店主が、機械を使わず手練りで生地を作る本当の手打ちうどん。
注文があってから目の前で生地を延ばしてカットし、湯がかれる麵は、るみばあちゃん直伝のコシと、京うどんの柔らかさを併せ持つ、独特のモチモチ感が特徴です。
人気メニューは「大河盛りぶっかけ」。うどんの上にエビ、鶏、ちくわ、大葉の天ぷらが乗ったボリューミーな一品。
揚げ立てプリプリの天ぷらは衣が薄く、サクサク。
茹で上がり後すぐに氷水でしっかりと冷やされた麵は引き締まっていて、細い麵ながら程良いコシとなめらかな口当たり。
ネギや大根おろし、生姜やレモンなどの薬味で、さっぱりとした味わいです。
和風出汁にスパイスが効いた、トロットロの「特製カレーうどん」もお勧め。
素揚げの野菜が乗っており、衣がないので素材の旨味がダイレクトに味わえます。
温玉と小ライスが付いているのも嬉しい。

大河 うどん

出典:http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260601/26020260/

大河
住所:京都市伏見区深草西浦町7-45-1
電話:075-641-4877
営業時間:平日11:00~14:30(14:00L.O.)/18:00~21:30(21:00L.O.)
土・日・祝11:00~15:00(14:45L.O.)/18:00~21:30 (21:00L.O.)
定休日:月曜日の夜、火曜日(祝日の場合はブログでご確認ください)
アクセス:京阪藤森駅西口から徒歩約7分

わざわざ足を運ぶ価値のあるお店ばかりなので、是非チャレンジしてみてください。
なお、売り切れ次第で終了することもあるので要注意。

⇒京都のみならず関西圏での美味しいうどん屋はこちらからどうぞ!

PR