中部LOVERS

新潟の名物郷土料理!ご当地グルメを厳選

2017年10月30日(月)/新潟

Pocket

新潟県はブランド米「コシヒカリ」の産地としても知られており、豊かな自然から生み出された食材が溢れています。そんな新潟県には地元の方だけでなく観光やビジネスで訪れた方をも満足させてくれるグルメが数多くあります。新潟で味わえる絶品グルメをご紹介します。

・イタリアン

イタリアン

livedoor Blog

新潟県のソウルフードとも言える存在が「イタリアン」。老舗レストランで誕生し、100年以上経った今でも新潟県民から親しまれているグルメ。イタリアンというワードからパスタやピザを連想してしまいますが、イタリアンはミートソースがたっぷりと掛けられた焼きそばです。

太麺の焼きそばにジューシーな挽肉をたっぷりと使用した特製のミートソースを掛け、ウスターソースでもやしやキャベツを炒めて添えたらイタリアンの完成。さらに焼きそばらしく、白生姜をトッピングしたら新潟県民なら嫌いな方はいないソウルフードへ大変身。焼きそばとミートソースはミスマッチなのではと感じてしまいますが、この組み合わせは抜群の美味しさ。

肉の旨味とトマトの甘みと酸味がモチモチとした焼きそばと最高の相性。太麺がミートソースをガッチリと絡めており、ソースの味を存分に堪能出来ます。イタリアンは県民にとっては無くてはならない存在です。

・半身から揚げ

半身から揚げ

ゆめのりょけん

子供からご年配の方まで大好きな唐揚げは全国どこでも食べらる事が出来ますが、新潟県でから揚げと言えば半身から揚げ。通常、から揚げと言えば一口サイズに肉がカットされていますが、新潟のから揚げは豪快に鶏1羽を半身にして揚げた状態です。
カレー風味の衣を塗し、カラッと揚げれば新潟県民大好き半身から揚げの出来上がり。外側はパリッとしながらも中のお肉はジューシーでとっても柔らか。

さらに衣がカレー粉が使用されている事で、カレーの香りが堪らない逸品です。半身から揚げは鶏肉の解体に時間が掛かる事で、半身状態にしたのが発祥となています。

また学校給食が導入された頃に人気メニューとなっていたカレーからヒントを得てカレー味が定番となりました。おやつやおかずは勿論、ビールがピッタリなご当地グルメです。

・へぎそば

へぎそば

Naverまとめ

新潟の伝統グルメともなっているのがへぎそば。一般的なそばと大きく異なる点はつなぎに布海苔が使用されている事。布海苔によって噛む程に口いっぱいに磯の香が漂います。

さらにツルツルとしている事で、のど越しさが堪まりません。そば自体にも旨味や風味が凝縮されており、県外から訪れた方からも人気が高い伝統グルメです。

・のっぺ

のっぺ

新潟食品名産図鑑

東北地方や北陸地方において「のっぺい」と呼ばれる郷土料理が多くありますが、新潟県では「のっぺ」と呼ばれお正月やお盆には欠かせない郷土料理。鮭や貝柱、里芋やニンジン、椎茸やこんにゃく等多くの食材が使用される事で、体にも優しいヘルシーグルメとなっています。また、貝柱や鮭からは旨味と風味が溢れ出し、たっぷり野菜の甘さがどこか懐かしさを感じさせてくれます。

醤油で味を調えたら、大勢が集まる席には欠かせないグルメとなります。のっぺは冬は暖かく、夏は冷たくして食べる事で時期を問わず食され、家庭によって味付けが異なる為、県民にとっては忘れられないお袋の味です。

・タレかつ丼

新潟県観光協会

全国各地にはかつ丼が多くありますが、新潟県のタレかつはソースベースではなく、甘辛い醤油ベースが使用されています。
薄目のカツにたっぷりのタレを染み込ませて白いご飯にのせただけのシンプルなグルメ。

しかし甘辛いタレがじっくりと揚げられたかつに染み渡り、ご飯との相性は抜群。キャベツも無くシンプルにかつとタレと白いご飯でありながら、醤油ベースとなっている事でさっぱりと食べる事が出来、箸が止まらない逸品。小腹が空いた学校帰りにも食べたくなるご当地かつ丼です。

・きんぴら団子

きんぴら団子

新潟県観光協会

お惣菜のきんぴらをだんご生地で包んだ新潟の郷土料理。きんぴらは惣菜と同じ様に鷹の爪や砂糖、醤油等で味付けされており、団子と合うのかな?と感じてしまいます。

しかしこれが実に後惹く味わい。モチッツとした生地と甘辛いきんぴらの相性はピッタリ。米粉で練られた生地ときんぴらはまるで白いご飯とおかずのような感じなのです。祭りやおめでたい席で振舞われる郷土料理となっていますが、農作業で小腹が空いた時にも満たしてくれる古き良きグルメです。

・ポッポ焼き

ポッポ焼き

新潟直送計画

新潟県でお祭りが開催されると屋台で登場するご当地グルメがぽっぽ焼き。小麦粉や黒砂糖等で作られた生地を細長い方で焼き上げたシンプルなグルメ。黒砂糖が使用されている事で、すっきりとした味が口に広がります。

シンプルながらどこか懐かしさを感じさせてくれる素朴な味わいが食べ進む程に止まらなくなってしまいます。ポッポ焼きの名前の由来は諸説ありますが、焼き上がりの音が蒸気機関車のような「ポーポー」に似ている等となっています。その為、ポッポ焼きは「蒸気パン」と称される事もあります。新潟でお祭りが開催されていたら、是非味わいたい屋台の味です。

・けんちょん汁

けんちょん汁

ソウルフード魂

多くの県では「けんちん汁」と称されていますが、新潟ではけんちょん汁として親しまれている郷土料理。キノコやニンジン、こんにゃくや車麩といった多くの具材が使用され、醤油ベースの優しい味がホッコリさせてくれます。キノコや野菜の旨味がたっぷりと溶け出したスープは体の芯から温めてくれ、冬の寒い時期にピッタリ。新潟県の冬に欠かせないグルメです。

・三色焼きそば

地元食材で町おこしをテーマとした三つの市ではブラック・レッド・ホワイトの三色の焼きそばがB級グルメとなっています。

糸魚川市ではイカ墨を使用したブラック焼きそば。糸魚川市は漁港に面している事で、年中獲れるイカの墨を使用した真っ黒な焼きそばです。

妙高市ではレッド焼きそば。妙高市には赤倉温泉という有名な温泉がある事で「赤」をモチーフとした焼きそばです。赤にはトマトやパプリカの色素が使用されており、一見すると激辛にも観えてしまいますが、辛いのが苦手な方でも安心。

上越市ではホワイト焼きそば。上越市は上杉謙信のお膝元ともなったエリアともなっており、武田信玄に「塩」を贈った事から塩にちなんでホワイトとなっています。

新潟県で食べ歩きをしたい方は三色全てを制覇して頂きたいです。


新潟県はお米や地酒が全国的にも有名ですが、多くの方を唸らせてくれるグルメが数多くあり、お腹も心も満たしてくれます。
新潟県を訪れたら味わって頂きたいグルメばかりですね。

北信越地方の郷土料理特集はこちら

⇒富山県の郷土料理とは!人気ご当地グルメを厳選

⇒長野県民が選ぶご当地グルメ!郷土料理が満載

⇒福井県の旅行で絶対食べるべき!超絶品ご当地グルメおすすめ9選

⇒石川県で人気のご当地グルメを厳選

⇒新潟の名物郷土料理!ご当地グルメを厳選