中部LOVERS

石川県で人気のご当地グルメを厳選

2017年10月30日(月)/石川

Pocket

全国各地には多くのグルメがあり、お腹も心も満たしてくれる存在です。加賀百万石でも知られている石川県には観光名所や古き良き歴史がある事で、年間多くの方が訪れ石川の魅力を堪能されていらっしゃいます。そんな石川県を訪れたなら石川が誇るご当地郷土グルメを味わう事で、より大きな魅力を感じる事が出来ます。今回は石川県のご当地郷土グルメをご紹介します。

・治部煮

治部

出典:自然人ネット

石川県金沢市で江戸時代より親しまれている郷土グルメ。今では全国各地の給食の献立としても登場する程、メジャーな存在である治部煮言った金沢市においてはお祝いの席では欠かせない郷土料理です。

本来は鴨肉を使用しますが、高級食材となっている事で家庭では鶏肉を使用される事もしばしば。鶏肉に小麦粉で塗し、醤油やみりん、砂糖といった調味料で煮込む事によって、肉を旨味を閉じ込め、さらに程良くトロみが付く事で体の中から温まる料理。レンコンや椎茸、タケノコといった旬の食材の食感と肉の旨味が凝縮したダシが白いご飯にピッタリ。お祝いの席だけでなく、石川県民にとっては家庭によって味や材料が異なる為、忘れられないお袋の味なのです。

・ゴリ料理

ゴリ料理

出典:近江町 松本

金沢市においては淡水魚となっているカジカをゴリと称し、漁獲量が豊富となっていた事で郷土料理として親しまれています。ゴリは淡白な味わいとなっている事で、揚げて良し、焼いて良し、似て良しと多くの調理法で味わう事が出来るとあり古くから石川県民から愛されている郷土料理。近年、ゴリ自体の収穫量も激減している事で、金沢市においては高級魚とも言われています。そんなゴリをあらゆる料理法で味わいたい方は金沢を訪れるべし。

・フグの卵巣の糠漬け

フグの卵巣の糠漬け

出典:いしかわや

フグ自体は全国的に高級魚として料亭等にて味わう事が出来ますが、フグの卵巣を食せる地域は限られています。そんなフグの卵巣を味わえるエリアの一つが石川県。しかしフグの卵巣を食すという事は死に繫がる危険性がある事で、食す文化はほとんどありません。それはフグの卵巣にこそ猛毒となるテトロドトキシンが含まれているからです。わずかな量でも致死量にもなるフグの卵巣は非常に危険な物ともなっているのです。

しかしフグの卵巣を糠で2年以上着ける事で、毒素が抜け珍味に変身するのです。そんな糠付けにされたフグの卵巣は日本酒との相性は抜群。酒の肴は勿論、白いご飯のお供しても県民から愛される珍味の一つともなっています。しかし猛毒のあるフグの卵巣を糠漬けにしてまで食す文化が生まれたのかは、未だに謎に包まれた郷土料理です。

・茄子ソーメン

茄子ソーメン

出典:まるべん。

ソーメンは全国各地で夏の暑い時期でものど越しが良い事で食べられているスタンダート食材。しかし石川県においてはちょっと変わったソーメンが茄子ソーメン。一般的にソーメンは茹でてからダシの効いたタレで食べますが、石川の茄子ソーメンは茄子を醤油や砂糖で煮たタレでソーメンを茹でる調理法となっています。その為、茄子の旨味が凝縮kされたタレがソーメンにたっぷりと染み込むのです。
そんな茄子ソーメンは主食としてではなく、白いご飯のおかずとして食されており、子供からご年配の方まで広く愛されています。温かい茄子ソーメンも絶品ですが、冷やしても美味しい石川のご当地ソーメンとして人気を博しています。

・かぶら寿司

かぶら寿司

出典:かねなかや次兵衛

どのエリアにもお正月に欠かせない郷土料理は豊富ありますが、石川県のお正月の郷土料理といったらかぶら寿司。塩漬けにしたブリをカブで挟み麹で熟成したなれ寿司の一つとして、お正月の食卓には欠かせない存在。

塩漬けにされたブリからは生臭さは無く、ブリの旨味がカブへと染み渡り、お酒が進む逸品です。古くは保存食として重宝されており、家庭によって味付けも異なるかぶら寿司は新年の始まりを告げる郷土料理として金沢市で親しまれています。

・いしるの貝焼き

いしるの貝焼き

出典:Yahoo!ブログ

能登半島の一部の地域で古くから食されている郷土料理。イカの内臓やイワシを塩漬けにし、発酵させてから煮詰めた魚醤が「いしる」。そんないしるを鍋の代わりとなる貝で焼く事から貝焼きと称されています。

イカやキノコ、野菜をいしるで煮る事で海鮮の旨味が具材に染み込み能登半島の海鮮を存分に堪能出来ます。いしるの貝焼きは漁師飯として食されていましたが、現在は能登半島エリアで展開されている宿やホテル等で提供されている郷土料理として、訪れた方を唸らせてくれる存在です。

・金沢おでん

金沢おでん

出典:トラベルブック

全国各地には数々のご当地おでんがありますが、金沢おでんもご当地として親しまれています。しかし金沢おでんには関西風や関東風の出汁といった定義はなく、お店によってさまざまな味を堪能出来ます。そんな金沢おでんに欠かせないのが、伝統食材ともなっている「車麩」。車麩は出汁をたっぷりと含み、口いっぱいに旨味が広がます。

さらに金沢おでんは香箱ガニの身をたっぷりと甲羅に乗せたカニ面も欠かせない食材となっています。出汁にカニの旨味とカニみその甘みが広がり、お酒のお供としても最高の逸品。金沢を訪れたら味わって頂きたいご当地おでんです。

・ハントンライス

ハントンライス

出典:ぐるたび

金沢市を代表するB級グルメとして、地元民から話題沸騰となっているグルメがハントンライス。ハントンライスは洋食屋の賄い料理が素となっており、「ハンガリーのハン、フランス語でマグロを意味するトン」が名前の由来。ケッチャプライスの上に薄焼き卵が敷かれ、さらにマグロや白身魚の活、エビフライが乗せられたボリューミーな逸品。さらに特製のタルタルソースがたっぷりと掛けられれば、働くサラリーマンの胃袋を満足させてくれます。

またオムライスやカツといった誰もが好きな物が盛りだくさんとなっている事で、子供からご年配まで幅広く親しまれているグルメとして大好評。お店によってはタルタルソースだけでなく、バーベキューやデミグラスといったバリエーション豊かなソースとなっている事で、自分好みのお店を見つけるのも楽しみの一つです。

石川県のグルメは古くから親しまれている郷土料理や、新しく郷土料理としても定着するB級グルメが溢れており、地元の方だけでなく、観光やビジネスで訪れた多くの方を魅了させてくれる存在です。

北信越地方の郷土料理特集はこちら

⇒富山県の郷土料理とは!人気ご当地グルメを厳選

⇒長野県民が選ぶご当地グルメ!郷土料理が満載

⇒福井県の旅行で絶対食べるべき!超絶品ご当地グルメおすすめ9選

⇒石川県で人気のご当地グルメを厳選

⇒新潟の名物郷土料理!ご当地グルメを厳選