北海道LOVERS

札幌で巡る!美味しいイタリアンを厳選5選

2018年07月25日(水)/札幌グルメ


北海道札幌市で美味しい食べ物といえば、皆さんはどんな食べものを、思い浮かべますか?ラーメンですか?カニですか?お寿司でしょうか?それとも、とうきびですかね?このように、北海道ならではの美味しい食べ物が、札幌にはたくさんありますが、今回は美味しいイタリア料理店を5店舗に厳選して、ご紹介致します。札幌市の中心部にあるお店に的を絞ったので、交通アクセスも便利ですよ。中には予約必須のお店もあります。それでは、早速行ってみましょう!

自慢のピザは世界大会2年連続優勝「オリゾンテ」

自慢のピザは世界大会2年連続優勝「オリゾンテ」

某有名歌手もお忍びで訪れるこちらのイタリア料理店「オリゾンテ」では、世界大会で2年連続優勝したピザを味わうことができます。注文してから焼き上げる窯焼きのピザは、一度食べたら病みつきになるほどです。

自慢のピザは世界大会2年連続優勝「オリゾンテ」

こちらは一般的なピザ、「マルゲリータ」です。酸味のきいた新鮮なトマトに、ルッコラとトロットロのチーズがアクセントになっています。生地は薄く、耳はパリッパリなので美味しく頂くことができますよ〜。これで一人前なので、食べ応えも十分ありますよね。

自慢のピザは世界大会2年連続優勝「オリゾンテ」

同じくメインのパスタです。こちらは、オリゾンテで一番人気の「道産ウニのクリームソース タリオーニ」です。クリーム系独特のコッテリとしたくどさが無く、最後まで飽きることなく食べることができます。ちなみに、こちらも先ほどのピザ同様、これで1人前です。

自慢のピザは世界大会2年連続優勝「オリゾンテ」

もはや、オリゾンテ名物とも呼べる「カタラーナ」。「カタラーナ」って何?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?「カタラーナ」とは、焼きプリンを固めて冷やしたもの、もしくは、クレームブリュレを固めて冷やしたもの・・・とでも言いましょうか。カラメル部分は、ほんのり甘苦く、少し時間をおいて食べるのがオススメです。
以前は、通販のお取り寄せもできたのですが、今はこちらのお店で食べることができます。是非、足を運んで食べてみて下さいね!

札幌で人気のイタリアン・バル「クロッキオ」

札幌で人気のイタリアン・バル「クロッキオ」

札幌で人気のお酒によく合う料理を提供する、イタリアン・バルです。店内はカジュアルな雰囲気で、フレンドリーな感じを体感することができます。団体のグループでも、お一人様でも、ディナーデートで訪れるのにもオススメですよ。雰囲気だけでも、ついついお酒が進んでしまいそうになるとの声もあります。

札幌で人気のイタリアン・バル「クロッキオ」

インスタ映えしそうな盛り付けも、人気の理由の一つでしょうか。赤ワインでじっくり煮込んだお肉は、ジューシーで肉汁とともに、よだれも出てきそうです。旬の野菜を使っているので、いつ訪れても美味しい料理を頂くことができますよ〜。野菜嫌いな方でも食べられるソースも絶品です。

札幌で人気のイタリアン・バル「クロッキオ」

メインの料理はもちろんのこと、デザートのラインナップも充実しているので、どれを食べようか思わず迷います。甘いものが好きな方も満足できるのではないでしょうか。見た目も可愛らしく盛り付けされているので、食べるのがもったいないくらいですね。まさに、目で楽しみ舌で楽しめるデザートです。

スタッフさんは、お客さんとのコミュニケーションをとても大切にしているので、会話も弾みます。札幌にいながらにして本場の陽気なイタリアの雰囲気を楽しむことができるお店ですよ。

郷土料理の再構築をテーマにしたイタリアン「テアトロ・ディ・マッサ」

郷土料理の再構築をテーマにしたイタリアン「テアトロ・ディ・マッサ」

マスターシェフは、札幌の名店で修行後、ピエモンテ、フリウリなどの北イタリアの星付きのレストランを廻りました。そんな本場の本格的イタリアンを味わえるのが、こちらの「テアトロ・ディ・マッサ」です。
北海道の素材をふんだんに使い、独自の解釈から生まれたコース料理を提供しています。店名にもある、テアトロはシアターを意味していて、その名の通り360度見渡せる開放的なオープンキッチンで、シェフが作るところを見ながら料理やお酒を楽しむことができます。

郷土料理の再構築をテーマにしたイタリアン「テアトロ・ディ・マッサ」

コースは全3種類で、5,500円の「〜起点〜」、8,000円の「〜構築〜」、10,000円の「〜進化 発展〜」から選べます。コースによって料理も変わりますが、パッションフルーツのソースが中に入っている、「フォアグラのお団子」や、画像の「ショートパスタ、牛肉と豚肉のラグー」などが楽しめます。画像のこちらの料理は、お肉の香りが鼻によく通り、旨味もあり、美味しいとの声が多数あるほどです。ちなみに、「〜進化 発展〜」のコースでこちらの料理を頂くことができますよ。
他にも、ドルチェとしてビールのアイスや、キャラメルとナッツなどのセミフレッドなどもコースによって楽しむことができます。どのコースも食べ応え満載なので、全コース制覇するのもお店の楽しみ方の一つです。

夜9時からは、アラカルトメニューも用意してあるので、ちょっとつまみながら、ワインなどを味わいたい方にもオススメです。

リーズナブルな価格で、本格イタリアンなら「テルツィーナ」

リーズナブルな価格で、本格イタリアンなら「テルツィーナ」

リーズナブルで、本格派のイタリア料理を食べたいときにオススメのお店です。サッポロファクトリーのレンガ館にこちらのお店は存在しています。レンガ館なので、味はさることながら、雰囲気も格別です。店内は天井が高く、広々とした雰囲気です。隅々まで見渡せる明るいオープンキッチンに、ブラウンを基調とした佇まいで、ゆっくりと優雅な時を楽しむことができます。
北海道産の食材を使うことに強いこだわりを持っているので、道内各地の美味しい地物を頂くことができます。コース料理では、運ばれてきた際に必ずメニュー名の説明も欠かしません。サービス精神も旺盛なのも高評価が多い理由でしょうか。
画像は、「知床鶏の炭火焼き」です。紫いものソースもコッテリとしていなく、比較的あっさりとした印象で食べやすいです。鶏肉もふっくらジューシーに程よい焼き加減で絶品ですよ〜。

リーズナブルな価格で、本格イタリアンなら「テルツィーナ」

食後のデザートは盛り合わせで、これだけでも食べ応え十分です。甘さ控えめで、上品あ味わいを楽しむことができます。他にも、前菜はハムの盛り合わせとバーニャカウダや、キッシュ、メインディッシュのピザは4種類のチーズという意味をもつ「クアトロフォルマッジョ」、パスタは茹で具合が程よいアルデンテなど、コース全般を美味しく頂けるように工夫されています。

予約必須の人気イタリアン「リストランテ カノ フィーロ」

予約必須の人気イタリアン「リストランテ カノ フィーロ」

週末は予約すらなかなか取りづらいことで有名なイタリア料理店です。店内がお客さんに与える印象は一言で言うと・・・「豪華」。ハイバックのソファーにゆったりと腰掛けると、別世界に来たような感触を味わえます。おひとり様でも居心地の良い場所に案内してくれるのも、お店の素敵な行き届いた配慮です。こちらのお店に来ると、幸せな気分になると言う声もあるほどです。
コースは、メニューAとメニューB、メニューCの三種類から選べます。一応、2名から4名様用のコースなのですが、おひとり様でも大丈夫だそうです。ただし、その場合はお料理が通常のコースよりお皿の数が減るそうです。
ある日のコースは、「秋刀魚、毛がに、セロリのアーリオオーリオソースのスパゲッティ」と、「滝川産の合鴨胸肉のアロースト、白桃のソルベと赤紫蘇 デラウェア ラベンダーソース」、「生チョコとマシュマロ」です。
感想は、繊細な印象を受けるとでも言いましょうか。シェフらしい味(独創的な食材の組み合わせ)が至る所に散りばめられている感じでしょうか。デザートの白桃のソルベと赤紫蘇 デラウェア ラベンダーソースは、ほのかにラベンダーが香り、とても良い気分になります。生チョコもマシュマロも絶品です。

予約必須の人気イタリアン「リストランテ カノ フィーロ」

盛り付けが素晴らしいことでも高評価のお店でもあります。大人が楽しめるイタリアンレストランとして名高いだけあり、雰囲気も素晴らしいのです。旬の北海道産食材をメインとした料理は格別なこと間違いなしですよ。ニューイタリアンと古典的なイタリアンの融合した味を楽しむことができます。イタリアワインもおよそ200種類と豊富な取り揃えで、ワイン好きも思わず唸るほどだとか。


今回は、札幌市に多く存在するイタリア料理店の中から比較的、交通アクセスの良い中心部に存在するお店を、5店舗に厳選してご紹介致しました。どのお店も肩肘張らずに、くつろぎながら、かつ優雅でリッチな気分を楽しみながら料理を美味しく頂けると思います。

札幌市の美味しい料理は、お寿司やラーメン、カニなどもそうですが、イタリア料理も美味しいのです。どうですか?意外でしたか?

札幌市に今現在すでに住んでらっしゃる方も、これからお越しの予定の方や、またはいつかは来たいと思われている方・・・全ての方々にオススメできるお店ばかりですので、是非、足を運んでお店の方に訪れてみてくださいね!