北海道LOVERS

季節ごとに違う楽しみ方で札幌を旅しよう

2018年05月23日(水)/札幌


札幌には年中楽しめるイベントが盛りだくさん

時計台

出典:ようこそさっぽろ

北海道最大の都市、札幌には毎年多くの観光客がやって来ます。そんな札幌は全国の住みたい街ランキングでも常に上位にランクインするほど魅力あふれる街です。食べ物が美味しいのはもちろんのこと、都市と自然がほどよいバランスで共存しているところも魅力の一つといえるでしょう。そして札幌は芸術の街としてアートに力を入れているため、有名アーティストのライブやコンサートはもちろんのこと、街中でジャスや音楽ライブが楽しめるのも近年の特徴です。また音楽だけでなく、舞台そしてものづくり系アーティストの作品もイベントスペースで頻繁に見ることができます。このようにここ札幌では、街中にあふれるアート、北海道から集まる海や山の幸、ショッピングや美術館・博物館など都市型のアトラクション、大通公園、真駒内公園、円山公園など自然あふれる環境、いくつもの魅力が一つの街で楽しめるのです。そしてそんな札幌をより一層魅力的にしているのが、四季を通して人々を引きつける魅力的なイベントだといえるでしょう。季節によって色々な楽しみ方ができる札幌。そんな札幌を一年通して旅してみませんか?

春のイベント

ライラック

出典:ようこそさっぽろ

北海道の雪解けは3月に入った頃でしょうか。なので4月は場所によってはまだ雪も残り、雪解け水で道路はぐちゃぐちゃ。実は1年で一番見栄えが良くない季節が初春かもしれません。まだ肌寒く桜が咲くのがちょうどGWといったところで、5月になってやっと一般的に春らしいと呼ばれる時期になってくるのかもしれませんね。そんないい時期になってきた春のメインイベントが「さっぽろライラックまつり」です。札幌を象徴するライラックが咲き誇る大通公園が、5月の中旬から下旬にかけてお祭り会場へと早変わり。うららかな季節の中、音楽祭や手作りマーケット、野菜や苗の販売、道産食材を使用したインターナショナルフードコート、最近注目の北海道産ワインと北海道の食とのマリアージュが楽しめるショップなど、さまざまなブースが目白押しです。1日では楽しみきれないほど盛りだくさんのライラックまつりへぜひ足を運んでみてください。

夏のイベント

ビアガーデン

出典:北海道宝島トラベル

夏といえば、ほどよく暑く清々しい時期ともいえるでしょう。最近は温暖化のせいか日中は暑くはなってきましたが、夜はそれほどムシムシせず快適に過ごせるため、関東や南の方から避暑のため長期滞在する人も増えているそう。そんな夏のイベントは何と言ってもビアガーデンではないでしょうか。イベントというより夏の風物詩といってもいいですが、大通公園一帯がビアガーデンで埋め尽くされるとはこのこと。国内最大級のビアガーデンをここ札幌で楽しむことができます。サッポロビールはもちろんのこと、世界のビールやクラフトビールも楽しめ、またジンギスカンやビールに合う本場ドイツ仕込みのソーセージやドイツの家庭料理なんかも楽しめるのです。ビール片手に北海道産の美味しい食材もあわせて味わうことができるのが、他の地域のビアガーデンとは異なるところなのではないでしょうか。

秋のイベント

オータムフェスト

出典:ようこそさっぽろ

秋といえば、食欲の秋。ということで秋のイベントはなんといっても「さっぽろオータムフェスト」です。これも食べる、飲むが揃った北海道ならではのイベントです。え?ビールがそれ以外の飲み物に変わっただけで、ビアガーデンと同じじゃないかって!?いいえ、違います。オータムフェストは北海道中の味覚がここ大通公園に大集結する、一年に一度の食の祭典なのです。ということは、北海道の北から南まで、東から西まで、魚介から農畜産物まで、日本酒からワインまで、何から何まで、北海道の名産と秋の味覚がここに来れば楽しめるというわけなのです。このイベントは観光客だけでなく地元民にも人気で、なんと200万人以上が訪れるという大盛況ぶり。秋に北海道の味覚を味わいたいなら外せないイベントです。

冬のイベント

 

雪祭り

出典:ようこそさっぽろ

冬といえば雪ですね。そして雪といえば「さっぽろ雪まつり」。これを見ずして札幌を語ることなかれと言われるほど、有名なイベントですよね。特に東南アジアや雪を見たことがない国からの観光客が毎年増え続け、雪まつりのメインアトラクションになったプロジェクションマッピングは、立ち止まって見ることができないほどの混雑ぶり。そしてその年の出来事や注目の人を反映した恒例の雪像も雪まつりでは外せないものですね。雪像を作る人たちも熟練のチームから若者のチームまで、みんな寝る間も惜しんで雪像づくりに勤しんでいると聞けば、より一層雪像に感動が込み上げてくるのではないでしょうか。雪まつりは大通やすすきのの会場だけでなく、室内で楽しめるつどーむ会場もあるので、小さい子供や親子連れはこちらをオススメします。

花見と野外BBQで楽しむ春

花見

出典:トラベルジェイピー

それではそんなイベントも含めた季節ごとのオススメの過ごし方はどんな感じになるのでしょうか。GW頃から賑わいを増してくるのが円山公園や北海道神宮などの花見スポットです。それ以外にもその他いろいろな公園で、花見とともにBBQも賑わいをみせてきます。北海道の人はBBQが大好き。一家に一台はBBQセットを持っているほどと聞きます。田舎と違って家と家との間隔がそれほど離れていない都会の札幌でさえ、休日はみんな庭でBBQをするほどです。そんな札幌にはBBQセットの貸し出しを行う公園も多くあり、観光客も公園やコテージの庭などでBBQができます。どこよりも遅い時期に楽しめる桜と美味しいBBQで札幌の春を楽しんでみましょう。そしてそのあとはもちろん春のイベント、ライラック祭りの時期ですよね。

夏はビアガーデンのおかげで飲食店がお得に

飲食店

出典:ぐるなび

札幌の夏は、日中は暑くても夜になると涼しい風が吹き大変過ごしやすいもの。クーラーいらずの夜を過ごすことができるのも体に優しいですよね。そんな札幌の夏の風物詩、ビアガーデンを楽しむのもいいですが、実はそのビアガーデンに頭を悩ませるのが、大通や繁華街周辺の飲食店。それはなぜって、ビアガーデンのせいでお客さんがいつもより減るからです。そのため各飲食店は競ってその時期、人気メニューをお得に提供する等のプラスアルファのサービスをしていることが多いんです。いつもは行列で何時間も待つ店ももしかするとその時期はお得に入ることができるかもしれませんね。そして落ち着いて食事がしたい時、あえてビアガーデンの近くの飲食店に行くのもいいでしょう。落ち着いて食事ができる上、お得なサービスが受けられる可能性もあります。

紅葉と食のあとは勉学の秋

北大イチョウ並木

出典:トラベルジェイピー

秋といえば食欲の秋。札幌はだんだんと寒くなってくる頃です。オータムフェストで大通は賑わいますが、食欲を満たしたあとは紅葉を見に出かけるのもいいでしょう。紅葉がキレイなスポットといえば、中島公園や円山公園、そして隠れた人気スポットとして、札幌駅から徒歩でいける北海道大学も外せません。北海道大学は春は桜並木、初夏はポプラ並木、秋はイチョウ並木、冬は木々についた樹氷がとてもキレイな実は素晴らしい観光スポットです。大学構内には小川が流れており、芝生の上で寝転んでいる学生や観光客もいます。そしてまた構内には博物館があり、博物館には落ち着けるカフェスペースもあるんです。さらに北大グッズが買えるショップなどもあり、北大は大変観光客フレンドリーな場所ともいえるでしょう。紅葉と食を楽しんだあとは、北海道が誇る国立大学、北海道大学へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

イルミネーションのあとは温泉へGO

 

定山渓温泉

出典:定山渓観光協会

冬は雪が降り積もり寒さもハンパない札幌です。人口100万人規模以上の大都市でこれほど雪が降り積もる場所は世界でも見ることができません。そんな環境でよく都市機能が保てていると、世界中の専門家がその実情に驚くそうです。そんな札幌の冬は雪祭りをはじめとしたイベントが盛り沢山。そんなメインイベントを盛り上げる前座のように、街中は雪が降り始めてからキレイなイルミネーションに染まります。雪とイルミネーションとのコントラストは目を見張るほどで、どこへ行ってもフォトジェニックな景色が広がります。そんな景色を楽しんだら、雪を見ながら温泉へ行くに決まり。札幌には定山渓温泉という素晴らしい温泉街があります。雪を見ながら露天風呂へつかる、そんな贅沢を札幌で楽しんでみてはいかがでしょうか。

北海道博物館

出典:北海道博物館

札幌にはこれ以外にも北海道の歴史を知ることができる「北海道博物館」、美術、芸術、文学、アートを楽しめる「芸術の森」、「近代美術館」、「北海道文学館」、子供とも楽しめる水族館や科学館など知的好奇心を刺激するような場所もたくさんあります。四季によって様々な楽しみ方ができる札幌へぜひ足を運んでみてください。