北海道LOVERS

北海道で星空を見るなら? 絶景の星空スポットを厳選

2018年01月20日(土)/北海道


北海道は雄大な大地が広がり、空気も澄んでいるため星空もきれいです。特に、冬は空気中の水蒸気が少なく、太陽も早く沈むため一年の中で最も星がきれいにみえ、季節を問わず海や湖、山といった雄大な自然の中で星空を望むことができます。

そんな北海道では、さまざまな地域において、星空を楽しむツアーが開催されており、北海道は一面の空を見渡せる、見晴らしの良い場所が多いため、星空スポットも数多く点在しています。ここでは、その中でも選りすぐりの星空スポットを厳選してご紹介したいと思います。

PR

上金剛山展望台(芦別市 )

上金剛山展望台(芦別市 )

出典:Twitter

北海道で「星空のきれいなところ」といったら、外すことのできない芦別市。「星の降る里」として、昭和63年環境省によって「星空の街」に認定されてます。面積の89%を森林が占め、自然豊かな環境が澄んだ空気を育み、山々が周辺の明かりを遮断しているため、星空が美しく映えるのが特徴です。この町で、「降り注ぐような流れ星を見た!」という経験をした人は、おそらく筆者だけではないはず。まさに「星の降る里」ですね。

上金剛山展望台(芦別市 )

出典:星の降る里あしべつ

さて、この芦別市ですが、昔は「炭鉱の町」として活気付いていましたが現在、この町の知名度は低く、あまり知られていないのが残念なところ。街灯が少ない芦別の夜だからこそ見られる星空、まさに「天然のプラネタリウム」は至る所で見ることができますが、特に上金剛山展望台からの景色は、眼下に広がる芦別の夜景を包み込むような星空なのでお勧めです。(ただし、冬期間は閉鎖されているのでご注意下さい。)

また、市内には至るところに星のスポットが。例えば、かつては「一億円トイレ」として有名だった、道の駅のトイレや市内の街灯などに星の形が見られます。色々な場所にある、星を探すのも楽しそうですね!

上金剛山展望台
北海道芦別市旭町

マイルドセブンの丘(美瑛町 )

マイルドセブンの丘(美瑛町 )

出典:GANREF

美瑛は、北海道の中でも有数の天体観測スポット、「日本を代表する星空スポット」ともいわれるほど。JALのCMで360度のパノラマから見上げる星空が使用され、有名になりましたね。

そんな美瑛町は「丘のまち」と呼ばれ、なだらかな丘陵と豊かな自然、そして美しい景観があり、市街から離れた場所は街灯が少ないため星空環境が整っています。中でも、美瑛の人気観光スポットになっている「マイルドセブンの丘」は、オススメの星空スポット。「マイルドセブンの丘」は、タバコの銘柄「マイルドセブン」のCMで有名になった場所であり、ここでは、カラマツの林と星空のコントラストのとても幻想的な光景が楽しめます。「マイルドセブンの丘」は、市街地から車で10分ほどの場所にありますのでアクセスも抜群。

マイルドセブンの丘(美瑛町 )

出典:PHOTOHITO

十勝丘展望台

美瑛町には、他にも星空スポットがあり、「十勝丘展望台」や、「青い池」も隠れた星空スポットになっています。美しい星空を北海道で見るなら、美瑛は外せませんね。美瑛には、露天風呂から星空を独り占めできるペンションもありますので、是非一緒にいかがでしょうか。

マイルドセブンの丘
北海道上川郡美瑛町美田

然別湖(鹿追町)

然別湖(鹿追町)

出典:廣島宗毅.photo

北海道で最も高い、標高810メートルに位置する然別湖は「天空の湖」とも呼ばれ、空が近く感じられ、星空が美しい場所として知られています。そのため、「ナイトクルーズ」や「ナイトウォッチング」や、「スターウォッチング」など星空を楽しむメニューが盛りだくさん。季節によって、シマフクロウなどの夜行性動物に出会うことも。

然別湖(鹿追町)

出典:じゃらんnet

原生林に囲まれたその湖は「神秘の湖」とも呼ばれ、季節を問わず大自然の湖上体験ができ、満点の星空が湖面に映り、流れ星が見えることもしばしば。星と月の明かりの世界が楽しめます。湖で見る星空はとてもロマンチックです。

然別湖
北海道河東群鹿追町然別湖畔

星に手のとどく丘(富良野市 )

星に手のとどく丘(富良野市 )

出典:じゃらんnet

北海道のほぼ中央に位置する富良野市は、「へそ祭り」でも全国的に有名です。海外からも観光客が多く訪れる、北海道の観光スポットとなっており、1991年には「美しい日本のむら景観百選」に選ばれたように景色が美しいところとしても人気です。また、ラベンダー畑の風景が有名であり2001年には環境省から「かおり風景100選」にも選ばれています。

そんな富良野で、星がキレイに見えるスポットは「星に手のとどく丘」です。その名の通りの場所で、満点の星空が見えるところになっています。中には、「日本で一番星がきれいに見える場所」と言う人もいるほど。

星に手のとどく丘(富良野市 )

出典:DayOut

また、ここには「星に手のとどく丘キャンプ場」があり(開設期間は5月2日~10月12日まで)、富良野の星空を見るために作られた、明かりのないキャンプ場で、周囲を山と丘に囲まれた最高のスポットです。キャンプ場で焚き火やバーベキューをしながら眺める星空は格別です。

天の川や星くず、人工衛星までもが見えるとか。朝にはテントサイトまで羊がやってくるそうですよ。こちらのキャンプ場で食べることができるジンギスカンは、2012年のミシュランガイドに掲載されました。
富良野の夜には、ホタルやクワガタなどの昆虫が姿を見せることも。ここでしかできない経験がたくさんです。そして、冬の富良野で星空を眺めるのならペンションがオススメです。室内やラウンジの窓から大雪国立公園の山々の星空を楽しむことができますね。

星に手のとどく丘キャンプ場
北海道空知郡中富良野町字中富良野べべルイひつじの丘内

りくべつ宇宙地球科学館 銀河の森天文台(陸別町 )

りくべつ宇宙地球科学館 銀河の森天文台(陸別町 )

出典:陸別町

陸別町は、豊かな自然に囲まれた林業と酪農の街ですが、昭和62年に「星空の街」と認定され、平成9年には「星空にやさしい街10選」に認定されている程、素敵な星空を見ることができます。その理由としては、「日本一寒い町」ともいわれていますが、自然に囲まれ、空気が澄みきっていることが理由として挙げられるでしょう。

そんな豊かな自然環境を活かして建設されたのが、「りくべつ宇宙地球科学館 銀河の森天文台」。日本最大級の大型望遠鏡があり、運が良ければ天の川や低緯度オーロラの観測もできます。晴れた日の昼間には、恒星が見えることも。「ほんものの北極星を見るのに、これ以上の場所はない」という人もいるほどです。

銀河の森コーテージ村

銀河の森コーテージ村

出典:Yahoo!ブログ

また、「一晩中、満点の星空を眺めたい!」という人にオススメなのは、「銀河の森コーテージ村」。「銀河の森天文台」のそばにあります。このように、陸別町は星空を愛する人の街であり、天の川や低緯度オーロラ、そして流れ星を見たという情報が多いところになっています。

銀河の森コーテージ村
北海道足寄郡陸別町字遠別

しょさんべつ天文台

しょさんべつ天文台

出典:北海道Likers

「しょさんべつ天文台」は、北海道留萌市の漁村の岬、初山別村にあり日本海に面した日本最北の天文台。ここでは、幻想的な星空が眺めることができ、「星を浴びる」という体験ができます。夜空を遮るものがないため、浴びるほどの星が輝くところです。なんとも贅沢ですね。

1995年から開始されたサービスとして「My Stars system」がありますが、これは星に好きな名前を付けることができるというものです。しょさんべつに星を見に訪れたのなら、是非挑戦してみたいですね。結婚記念日や、お子さんの誕生日に名前を付ける人もいるのだとか。お子さんも喜びそうなサービスです。海沿いにあるので、眺めもよく、夏には青い海が一望できるというのも嬉しいところですね。

周辺には海水浴場や温泉もあるため、夏の海水浴シーズンには、旅行客が多い場所でもあります。海と星を思う存分楽しめる欲張りスポットです。

しょさんべつ天文台
北海道苫前郡初山別村豊岬153

摩周湖

摩周湖

出典:たびのたね

「霧の摩周湖」で知られるこの湖は、霧に包まれていることが多い神秘的な湖。北海道遺産にも登録されており、観光客が年中通して多いところになっています。また、ここ摩周湖は「星空ツアー」が開催されるほど、星空が美しいという特徴も持っています。
摩周湖には、ほぼ360度が見渡せる展望台があり、摩周湖を見下ろすことができる摩周湖第1展望台と第3展望台からの景色は圧巻の一言。素晴らしい星空をみることができるのは、摩周湖が特別保護区域に指定されているため、湖岸に人工物や明かりが無いためです。

摩周湖
北海道上川郡弟子屈町字弟子屈原野


このように、北海道の恵まれた自然環境は満点の星空を見るにもふさわしく、季節を問わず美しい星空を見るチャンスがあります。夏の夜空や寒い冬空、それぞれに趣があり、星空の美しさに魅了されてしまうことでしょう。都会で暮らす人にとって、なかなか見ることのできない星空は、人の心を癒してくれます。

北海道は、日本人のみならず、さまざまな国の人たちからも観光地として愛されていますね。そしてその数も季節を問わず増加しています。それだけ、北海道の自然は多くの人に感動を与えるものなのでしょう。「北海道で見る星空」もその一つだといえます。