北海道LOVERS

札幌の中心部「中央区」で朝食ビュッフェが美味しいホテル

2017年11月19日(日)/札幌グルメ


札幌市中央区は札幌の中心に位置し、JRや地下鉄、路面電車、バスといった交通機関が集中しており、ここを拠点とする人が多く、ビジネスや観光の際の宿泊場所としてもふさわしいところです。そのため、札幌市中央区はホテルの密集地でもあり、中でも「朝食が美味しい!」と評判のホテルが目立ちます。

見方を変えてみると、朝食ビュッフェで売り出す、ホテルの激戦区だということができるでしょう。それだけに、厳しい評価に勝ち抜いた「朝食が美味しいホテル」が存在するのです。ここでは、そんなホテルをピックアップ!美味しいものがたくさんある北海道ですが、ホテルの朝食ビュッフェには、そんな食材が大集結。アレもコレも欲張りたくなるそんな「魅力的」で「お得」な場所をこの度ご紹介させていただきます。

札幌グランドホテル

札幌グランドホテル

出典:Theお宿 ホテル

札幌市中央区にある札幌グランドホテルは、過去には、昭和天皇や皇太子明仁同妃両殿下も宿泊されているホテル。また、グランドホテルといえば、2008年にはコーンスープの缶詰が話題を呼び、「モンドセレクション」の食品全般部門で金賞受賞していることが有名でしょうか。

札幌グランドホテル コーンスープ缶詰

札幌グランドホテル

さて、そんなコーンスープの缶詰は同ホテルの看板商品。これをきっかけに更なる注目を浴びました。このことからも「味へのこだわり」を感じることができるかもしれません。更に、こちらのホテルは「行ってよかった!朝食の美味しいホテル ランキング2016」で、第8位ともなっております。

札幌グランドホテル 朝食ビュッフェ

出典:マイナビニュース

そんな札幌グランドホテルの朝食では、全90品の洋食・和食バイキングを開催。そして、三元豚のローストや海洋深層水でマリネしたチキンソテーなど本格的な実演メニューが日替わりで楽しめることが特徴として挙げられます。

とうもろこしのふっくらふわふわ絶品フレンチトースト

出典:食べログ(写真はうもろこしのふっくらふわふわ絶品フレンチトースト)

ホテルベーカリー直送のパンをはじめ、新鮮な卵や牛乳といった北海道の食材が味わえます。他、とうもろこしのふっくらふわふわ絶品フレンチトーストや、旬の野菜しゃぶしゃぶも人気。新鮮な地元野菜や魚を用いた、ここでしか味わうことのできない「北海道朝食」を是非ご賞味あれ!

札幌グランドホテル:朝食情報
利用時間:6時30分~10時
料金:大人1人2,800円
開催場所 ノーザンテラスダイナー(東館1階)
こちらの会場の他にも、和定食や野菜朝食、お粥定、炙り・和食・洋食バイキングなど、色々な朝食会場があります。

ホテルモントレ エーデルホフ札幌

ホテルモントレ エーデルホフ札幌

出典:フォートラベル

エーデルホフは、ドイツ語で「貴族のお屋敷」を意味します。9世紀末のウィーンにタイムスリップしたようなホテルで、その全てからこだわりが感じられます。現実を忘れ、オシャレな時間を過ごすことができるでしょう。

ホテルモントレ エーデルホフ札幌 朝食ビュッフェ

さて、こちらのホテルでは、和食・洋食60品以上のバイキングが味わえます。JR札幌駅から徒歩7分、地下鉄大通駅から徒歩5分という好アクセスも魅力ですね。オシャレに美味しいお料理を味わうことができるホテルとして人気を集めています。

出典:ホテルモントレグループ

ホテルモントレ エーデルホフ札幌:朝食情報
営業時間は7時~10時
料金:大人1人2,140円

センチュリーロイヤルホテル

センチュリーロイヤルホテル

出典:じゃらんnet

こちらのホテルは「旅好きが選ぶ!朝食のおいしいホテル ランキング2017」において第4位。2015年、2016年に引き続き、3年連続のTOP10入り。日本全国29,000施設の中から、高い評価を得られた宿泊施設を決定する「楽天トラベルアワード」においても、4年連続のダイヤモンド賞(2015年、2016年と2年連続で最も顕著な実績を収められた宿泊施設に贈られるもの)を受賞。平成25年には、「楽天トラベル朝ごはんフェスティバル2013」において第3位。平成26年には、「楽天トラベル朝ごはんフェスティバル2014」において、輝く第1位。

と、このように、こちらのホテルは過去にも数多くの賞を受賞しており、朝食が美味しいホテルであるということが証明されています。

さて、そんな受賞歴が多い当ホテルですが、朝食は「Do(北海道)ナチュラルモーニングビュッフェ」をテーマとし、「体に優しい」、「北海道の四季の食材」、「選ぶ楽しさ」を追求したバラエティビュッフェになっています。

北海道の「ソウルフード」である「カツゲン」(北海道限定で販売されている乳酸菌飲料)をはじめ、バラエティ豊かでワクワクするような食材が揃っており、子供も、大人も楽しめる料理内容になっていますよ。

センチュリーロイヤルホテル 朝食ビュッフェ

出典:エンジョイ!北海道・

最近は、更に「チーズコーナー」が新設され和洋に加えて中華のお料理もプラスされました。

そんなセンチュリーロイヤルホテルは、札幌駅前ショッピングゾーンに隣接し、地下からも直結しているホテルなので、雨の日や、寒い冬の日など悪天候のときでも利便性は高いでしょう。

センチュリーロイヤルホテル:朝食情報
営業時間6時30分~11時料金
大人1人2500円(宿泊の場合は2000円)
開催場所 ユーヨーテラスサッポロ2階
※和朝食が味わえる19階日本料理 北乃路もあります。こちらの営業時間は10時までとなっています。

ベッセルイン札幌中島公園

ベッセルイン札幌中島公園 朝食ビュッフェ

出典:トリップアドバイザー

約80種類のメニューが楽しめる朝食ビュッフェ。中でもとりたて人気なのが、「勝手丼」。というのも、毎日8種類(こぼれいくら、ほぐしカニ、ホタテ、イカ、タラコ、甘えび、とびっこ、まぐろのたたき、キハダまぐろ、松前漬、かごめ昆布の中から日替わり提供)から選ぶことができ、好きなものを盛り付けることができるからです。

ベッセルイン札幌中島公園:朝食情報
営業時間6:30~9:30
料金 【宿泊者特別料金】 大人:1,500円 小人(6~12歳):800円 5歳以下無料
外部からの入場は1800円

札幌プリンスホテル

札幌プリンスホテル

出典:フォートラベル

札幌プリンスホテルは、「札幌プリンスホテルタワー」で知られる超高層ビル。札幌駅からは、地下鉄東西線 西11丁目駅から徒歩3分の場所にあり、白い円形タワーが目印です。

天井が2階まで吹き抜けになっており、

札幌プリンスホテル 朝食ビュッフェ

出典:テン・エイティワン

北海道の食材を中心とした日本料理、洋風料理全60品以上が味わえます。

札幌プリンスホテル オムライス

出典:ニュースウォーカー – ウォーカープラス

人気なのは、目の前で作ってくれるオムレツのパフォーマンス。お好みの具材を選ぶことができ、オリジナルオムレツが味わえるのです。また、札幌名物のスープカレーもおススメです。

美しい札幌の街並みと夜景が見下ろせるホテルなので宿泊にもおススメですが、朝食だけのデートにもおススメです。

札幌プリンスホテル:朝食情報
営業時間:6時~10時、
料金:大人1人2500円

ニューオータニイン札幌

ニューオータニイン札幌 朝食

ニューオータニイン札幌

朝食は約50種類のメニューが並ぶビュッフェ。和洋多彩なメニューに加え、点心(シューマイ)や鶏肉の辛し炒め・鶏肉の辛し味噌炒め(日替わり)、野菜炒め、“旨塩”焼きそば等中華を扱っていることが特徴的です。

さて、そんなニューオータニイン札幌で皆様に食べてほしいのが、北海道の食材を使った北海道産 きたあかりのセイロ蒸しやニューオータニ特製スープと玉子麺が絶妙にマッチした札幌味噌ラーメンです。

他にも、甘党の方は、リコッタチーズを贅沢に使用したスペシャルパンケーキもお勧めです。

リコッタチーズを贅沢に使用したスペシャルパンケーキ

出典:ニューオータニイン札幌

営業時間:6:30~9:30
場 所 1F ダイニング&カフェ ランデブーラウンジ
料 金 大人 ¥2,400(税・サ込) お子さま(4歳~小学生)¥1,000(税・サ込) 3歳以下 無料

まとめ

このように、札幌の中心部である「中央区」で朝食が美味しいホテルをピックアップしてみました。「観光」や「ビジネス」そして「宿泊」や「朝食だけ」というさまざまなカタチでホテルの朝食を味わうことができますね。札幌に数多く点在するホテルの中で選ばれるホテルにはそれなりのこだわりがあり、朝食にもそのこだわりがあらわれています。そんな評判の高いホテルで、美味しい朝食を是非、味わってみたいものですね。そして、競争の激しい中で、輝き続けるこれらのホテルの味を食べ比べてみるのも面白いでしょう。ホテルの朝食ビュッフェには、札幌の街中をあちこち周らなくても、北海道の色々な味を一ヵ所で味わえるという魅力があります。朝の時間を有効活用できそうですね!