北海道LOVERS

札幌で美味しいかき氷が食べられるお店を厳選

2016年08月12日(金)/札幌グルメ


暑い夏を乗り切る冷たい食べ物は何もソフトクリームだけではありません。カラフルな色のシロップをかけたアレは真夏の風物詩。そうですね、かき氷のことです。今回は札幌で美味しいかき氷が食べられるお店を一挙ご紹介いたします。人気が集まって行列が出来るようになる前に、ひとあし早くチェックしてみましょう!

PR

マザーリッチ(北区)

マザーリッチ かき氷

出典:tabelog.com

地下鉄南北線の麻生駅から徒歩3分という好立地にある、マザーリッチ。横文字看板「マザーリッチ」というのが目印です。

中に入ると、店内は10席と大きくはなく、シンプルな白を基調とした空間なので落ち着ける雰囲気といえるでしょう。

ここではフワフワ食感のかき氷が食べられるお店として人気で、中でも写真のように、イチゴ練乳のかき氷は大変人気となっております。

この機会に是非!

マザーリッチ
電話番号:011-788-9994
住所:北海道札幌市北区麻生町2-1-5
アクセス:地下鉄・麻生駅より徒歩3分
定休日:不定休

かき氷やさん札幌(北区)

かき氷やさん札幌

出典:www.rankingshare.jp

拓北にあるかき氷専門店、かき氷やさん札幌。行列ができるほどの人気で、ふわふわのかき氷を皆食べに来ます。

そんな当店で、皆さまに是非お勧めするのが、日替わりかき氷のマンゴー。甘酸っぱい南国の香りがとても◎。

 

かき氷やさん札幌2

出典:www.instagram24.com

また、一日5食限定のエベレストという新メニューが登場し人気を博しています。

これは、1000円と、かき氷にしては高単価ではありますが、エベレストという名前からも想像できる通り、山盛りタワー上のかき氷です。

かき氷やさん札幌 エベレスト

出典:ure.pia.co.jp

種類も4種類あり、「春」ピーチ&イチゴ味、「夏」ハワイアンブルー&メロン味、「秋」抹茶&あずき味、「冬」 ヨーグルト&プリン味。そしてこのように、シロップが2つなのに加えて、なんとソフトクリームものっているのです。

並んでも食べたい、そんな一品!

かき氷やさん札幌
電話番号:011-771-8246
住所:北海道札幌市北区拓北6条3-1-8
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休

おやきの平中(白石区)

おやきの平中かき氷

出典:www.rankingshare.jp

おやきの平中(ひらなか)は菊水にある昭和33年(1958年)創業の老舗店。メインは名前の如く、おやきのお店。ですが、夏季限定でかき氷も販売しております。

人気なのは「かき氷(小豆)」で、写真からはわかりませんが、器の底に自家製の餡子(あん)がはいっているのが特徴的です。

他にもイチゴ、レモン、メロン、ブルーハワイ、青リンゴなどのシロップがあるので、お好みのかき氷(150円~200円)を是非ご賞味くださいね。

おやきの平中
電話番号:011-821-2645
住所:北海道札幌市白石区菊水七条2丁目1-2
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休

 

Nino札幌(豊平区)

nino

出典:www.ninocrepe.info

月寒の住宅街にある人気のクレープ屋です。しかし、かき氷も有名。

ふわふわかき氷は全部で4種類あり、コーヒーミルク、イチゴ、マンゴー、チョコミントと。その中でもお勧めなのが、イチゴのふわふわかき氷です。これはこだわりのある自家製ソース・シロップに中標津産のミルクをミックスさせたかき氷となっています。

ちなみに、店内はテーブル席とベンチ席を合わせて6名程しか座れないので、こじんまりした空間なので少人数で行くのをおすすめいたします。それこそ、デート等。

Nino札幌
電話番号:非公開
住所:北海道札幌市豊平区月寒東二条6丁目1-17
営業時間:11:00~19:00(売り切れ次第終了)
定休日:木曜日

かき氷 花氷(南区)

かき氷 花氷

札幌南区の砥山にあるかき氷屋。テラス席は8席程あり、山々に囲まれた自然豊かな雰囲気なので、より解放感に浸れるかと思います。
さて、ここかき氷花氷(カヒョウ)の特徴としましては、ふわふわの食感に加えて、上に乗っているフルーツが美味なこと。
例えば、イチゴですと、旬の苺を使って果肉の食感がしっかり味わえるような一品となっています。
そんな当店で、おすすめするのが、上の写真にあるような「いちご+練乳」のかき氷「生姜+はちみつレモン」のかき氷です。

かき氷 花氷 (かき氷 カヒョウ) 生姜

出典:tabelog.com
特に後者はレモンと生姜という普段あまり馴染みがないようなかき氷といえるでしょう!ただ、生姜の苦みとレモンの酸味がうまくマッチしており、さわやかな後味の一品です。

かき氷 花氷 (カキゴオリ カヒョウ)
電話番号::011-595-5020
住所:北海道札幌市南区砥山180-8
定休日:月・火曜日(大雨の日)

六花亭(中央区)

六花亭

出典:ksgru.com

地下鉄円山公園駅徒歩4分にある、北海道の老舗のお菓子メーカー六花亭の喫茶店。観光客がよく訪れる場所であり、ガラス張りの大き目の窓が目印です。

ここで食べられるかき氷は普通の氷を削ったというよりもジェラートのような食感。というのも、例えばイチゴのかき氷(写真)だとチゴ果汁と練乳を凍らせて削って作ったカキ氷なので、氷そのものに味があるのです。

そして、ただの氷じゃないだけあって、他のかき氷よりも、ミルキーな食感で口の中で滑らかに感じられる一品となっています。

イチゴのかき氷以外にも、マルキャラのかき氷も人気があるので、この夏に是非!

六花亭 円山店 (ろっかてい)
電話番号::0120-12-6666
アクセス:地下鉄円山公園駅徒歩4分、円山公園駅から314m
定休日:無休

ピーターパン 平岸エクストラビッグハウス店(豊平区)

ピーターパン平岸エクストラビッグハウス店かき氷

出典:tabelog.com

味というよりはルックスを重視したい、という方には是非覚えておきたい当店。ビッグハウスのフードコートに入っているお店で食べることができます。

氷が荒いので食感は正直あまりよくありません。口の中でなかなか溶けなくてざらざらというのが適切でしょうか。

ただ、お子様だと色合いの良いかき氷だと喜ばれる方もいらっしゃるのではないかと思い、取り上げました。

この「レインボー」というかき氷はいちご・メロン・ブルーハワイ…などたくさんのシロップがかかっており、ボリュームもたっぷりなかき氷。お値段は300円となっています。

ピーターパン 平岸エクストラビッグハウス店
電話番号:011-813-8918
住所:札幌市豊平区平岸1条22-2-15 ビッグハウスエクストラ店 1F
営業時間:【月~土】 10:00~21:00(L.O.20:00) 【日】 9:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:無休

 

札幌のかき氷店はいかがでしたか?気に行ったところに通っても良し、いろいろなお店を巡っても良し。ちょっとした休憩にもぴったりなスイーツです。
札幌で美味しいかき氷を是非お食べになって、この暑い夏を乗り切ってくださいね。

PR