北海道LOVERS

札幌で美味しい油そばが食べられるお店を厳選

2016年07月12日(火)/札幌


別名、汁なしラーメンと呼ばれる「油そば」。

大手チェーン店である日高屋もメニューの一つとして取り入れており、おそらくトレンド的にもその盛況ぶりは目立っているのではないかと思われます。

そんな今や人気沸騰中の油そばですが、知らない方は、油そば?と首を横にかしげることでしょう。

そもそも油そばとは何でしょうか?

基本的にどんぶりの底に入ったごま油や、しょうゆベースのタレに、ラー油、酢などの調味料を好みでかけ、麺に絡めて食べる新種のラーメンのことを指します。

代表的な具材はメンマ、チャーシュー、ネギ等。これらをすべて麺と混ぜ合わせて食べるのです。

このように元々はラーメン屋さんのメニューの1つであった、油そば。今や、油そば専門店という業態で出店されるケースも多いと聞きます。

そんな油そばの専門店を中心に今回は札幌にある美味しいお店に限ってご紹介いたします。

PR

油そば屋 米風亭

油そば屋 米風亭

tabelog.com

おそらく一番有名どころではないでしょうか、米風亭。

場所は狸小路のすぐ近くにあり、すすきの駅や豊水すすきの駅から徒歩5分ほどの抜群の好ロケーション。

ここのお勧めはもちろん油そばですが、世界各国のビールを集めているお店ということでも有名です。

米風亭 ビール

blogs.yahoo.co.jp

ギネスや札幌ビール等ちょっとお洒落なバルで置いてあるビールはもちろん置いてあります。が、なんと!ヒューガルデンホワイトも置いてあるのです。これは、俗にいう白ビール。さっぱりしていて、飲みやすい。しかも、空間もアメリカンなダイニングバーの雰囲気を模しているので、これらのビールはより一段と美味しくいただけるはず。

さて、気になる油そばですが、西山製麺の黄色っぽい中太縮れ麺で、ややかための茹で加減。タレは醤油ベースに動物系の油の香りや旨味あり。トッピングはチャーシュー、メンマ、うずらの煮玉子、海苔、小ネギ、白ゴマ、チャーシュー、となっています。これらを辣油と酢をまわしかけて食べるのが何とも美味。

ただお値段は750円とちょっと割高かと感じるかもしれません。しかし、ビールと油そばの愛称は抜群ですので、是非ご賞味ください。

米風亭 (ベイフウテイ)
電話番号 011-271-7397
住所 北海道札幌市中央区南三条西1-2-4 和田ビル
交通手段 市営地下鉄南北線「すすきの駅」から徒歩5分
営業時間 11:30~翌4:00(L.O.翌3:30)

 

油そばのたおか

油そばのたおか

tabelog.com

宮の沢、北24条、平岸と3店舗も展開している油そばの「たおか」。裏を返せば、それほど油そばを食べに来る方が多いという証拠でしょうか。

基本的な油そばの具材はネギ・海苔・チャーシュー・メンマで、並盛・大盛 双方とも600円となっています。基本に+してトッピングを加えることで、料金が増していくシステム。つまり、加えたトッピングの名称にちなんで、メニューも玉子盛、ネギ盛り、野菜盛となります。これらは650円からご注文可です。

さて、この油そばですが、麺はやや弾力のある中太のちぢれ麺、タレには香り高く濃厚なラー油と、ほどよく酸味が効いたお酢が入っているのが特徴です。

麺と絡まることで、不思議と新しい麺の形が実現します。一気に混ぜて食べてくださいね。

営業時間 11:00~翌2:00 日祝・連休最終日は翌0:30
住所 札幌市豊平区平岸2条7-4-15
定休日 不定休
駐車場 無し
座席 15席 (カウンター11席 テーブル4×1席) 全席禁煙

 

らふ家

らふ家 油そば

www.recruit-hokkaido-jalan.jp

店内は白を基調とし、優雅な雰囲気。ただ、カウンター6席のみと狭いのでご注意を。

そんな、「らふ家」に来たら食べてもらいたいのが、やはり一番人気の「油そば・特盛320g」(700円)。これは、さがみ屋製の平打ちの中太縮れ麺を使用し、具材にチャーシュー、メンマ、長ネギ、揚げエシャロット、タマネギ、刻み海苔、ナルトを用いています。

ちなみに、他のメニューとして、「辛そば」や「油飯」「マヨそば」などもあり、そちらも人気のメニューとなっているので油そばだけじゃ物足りない、そんな方は是非試してください。また、ランチ帯はドリンクが付くのでちょっとお得な気持ちになること間違いなし◎

らふ家
電話番号 011-231-7200
住所 北海道札幌市中央区南2条西4 oyoyovalley 2F
交通手段 地下鉄大通駅徒歩約2分 駅前通りから4丁目プラザとピヴォ中通りのoyoyovalley(蝦天さん)2階
営業時間 ランチ>11:30から17:00まで ディナー>18:00から21:00まで
定休日 月曜

札幌油そば 天匠 山吉

札幌油そば 天匠 山吉

tabelog.com

最後にご紹介するのが天匠山吉。札幌ラーメンの人気店“吉山商店”が完全プロデュースした油そば専門店ということで、たれとしてラーメンダレを用いていることが特徴です。このラーメンダレとは完成まで約1週間かかる自家製のラーメンだれ3種(味噌だれ・塩だれ・醤油だれ)に今はやりの魚介出汁を加えたもの。

そして、通常の油そばは、このようにタレがラーメンダレになっていることはさておき、具材としてメンマ・長ネギ・のり・味玉・小ネギ・チャーシュー2枚となっています。

ちょっと風変わりなタレを起用した、油そばのお店と覚えておいてくださいね。

札幌油そば 天匠 山吉
電話番号 011-521-8044
住所 北海道札幌市中央区南五条西4-9-1 バッカスビル 1F
交通手段 すすきの駅から徒歩3分 すすきの駅(市営)から120m
営業時間 22:00~5:00 (ラストオーダー 4:30)
定休日 日曜日(祝日)


 

基本的な油そばから、個性派まで様々なものを紹介させていただきました。いかがだったでしょうか?

ラーメンとはちょっと違う新感覚のラーメンでこれからさらに人気度も上がるのではないかと思います。なので、まだ食べられていない方は是非油そばをご賞味いただければと思います。

PR