北海道LOVERS

函館で美味しいと話題の絶対おすすめの海鮮丼

2016年07月11日(月)/函館


北海道新幹線の開通で今現在注目を集めている函館。函館はその歴史的背景はもとより、お馴染みの大自然、豊富な温泉等見どころがたくさんありますよね。

しかし、函館といえば何のイメージ・・?と聞かれた時に咄嗟に思い浮かぶのは新鮮な魚介類の存在ではないでしょうか。

蟹

というわけで、今回は函館の美味しい海鮮丼が食べられるお店を一挙ご紹介いたします。

PR

函館 朝市

出典:www.hakobura.jp

まず、是非来てほしいのが函館の朝市です。ここはJR函館駅西口から徒歩1分とアクセス抜群のロケーション。やはり、函館の朝市という名前だけでも聞いたことがある方も多いはず。北海道全体の有数の朝市の一つとなっています。

そんな函館の朝市ですが、早朝からオープンしており、特に朝ごはんを食べに来られる観光者から人気を集めているのが、「函館朝市どんぶり横丁市場」。ここでは海鮮丼を提供する食堂10店以上が軒を並べています。本記事では特に有名な函館朝市どんぶり横丁市場以外にも、美味しい海鮮丼が食べられるお店を網羅しています。

どのお店も素敵なメニューを持っているので、なかなか決められない方も多いですよね。是非そんな方のために参考になれば嬉しいです。
PR

◆きくよ食堂

元祖巴丼

出典:angelfall811.blog.fc2.com

きくよ食堂は函館朝市にあり、昭和31年創業の60年を歴史を持つ老舗。函館の地元に住んでいる人もお馴染みの有名な食堂です。

海鮮丼がやはり人気ですが、それ以外のメニューも豊富で、焼き魚、煮魚、刺身の定食等もあり、そちらも満足できる一品となっています。

美味しさの秘訣としては、新鮮食材を用いていること。そして、強いこだわりのある「」を使用していこと。さらには、お米を特Aランクの北海道産ゆめぴりかを使用していること。の3点が挙げられます。

そんな「きくよ食堂」で皆様に是非食べてもらいたいおすすめの海鮮丼は元祖巴。そもそも、元祖巴丼という名前の由来は、函館朝市において、海鮮丼を初めてメニューにしたことから来ています。つまりは、当時の世の中は全般的に景気がよく、函館においては青函トンネルの開通を機に観光客が大幅に増加しました。そこで、きくよ食堂が、元祖巴丼という海鮮丼を切り口として集客をして、大人気となったわけです。

それを真似して、ほかの店舗も海鮮丼を始めたことで、現在のように函館=美味しい海鮮丼というブランドが確立されました。そのため、函館海鮮丼の先駆者である、「きくよ食堂」、さらに言えば函館で最初の海鮮丼である元祖巴丼を是非皆様にも食べてもらいたいです。

<きくよ食堂 本店>
・住所:北海道函館市若松町11-15
・営業時間:05:00~14:00
06:00~13:30 (冬期 12月~4月)
・定休日:無休(元日除く)
・電話番号:0138-22-3732
・料金:海鮮丼1種で1,180円~

◆恵比寿屋食堂

恵比寿屋食堂 どんぶり横丁記念丼

出典:find-travel.jp

次にご紹介するのが、昭和23年から函館朝市で店を開いており、北海道産にこだわり抜いた旬の食材を使った恵比寿屋食堂。

ここで是非食べてもらいたいのが、写真にあるどんぶり横丁記念丼

これはいくら、ほぐしタラバカニ、えび、ホタテ、数の子、玉子焼き、7種類のネタをのせた大盤振る舞いの海鮮丼であり、高級海鮮がたっぷりなのが魅力。

自慢のネタを色とりどりに盛りつけた、見た目の美しさもワクワクした気持ちを増加させますね。

また、「10周年記念丼」1500円も人気です。

具材としては、ぷりっぷりの大きなエビが二本、タラバガニの足とむき身がたっぷり、ぷちぷちのいくらと、こりこりした数の子が一本、大きな貝柱のホタテの切り身が2枚、太巻きの玉子焼が一切れが乗っています。

ちなみに、全ての丼ぶりと定食には岩のりと豆腐の味噌汁とお新香が付いてきますよ!

恵比寿屋食堂
・住所:北海道函館市若松町9-16
・アクセス:JR函館駅西口から 徒歩1分
・営業時間:6:00~18:00
・定休日: 無休
・電話番号:0138-23-1602
・料金: ~1000円

◆朝市食堂 函館ぶっかけ

大名盛

出典:http://madeinhakodate.com/

無添加・自家製いくらで知られる「弥生水産」直営店の朝市食堂函館ぶっかけ。

そんな当店で、皆様に是非食べてもらいたい人気の海鮮丼は7種の魚介類が盛られた「大名盛」と呼ばれる海鮮丼です。

メディアでも取り上げられたという話題の自家製いくらをはじめ、ほたて、うに、えび、いくら、かにつめ(ずわい)、かにほぐし(たらば)、ネギトロ全7種がたっぷりとトッピングされており、まさに贅の限りをつくしたような海鮮丼で、お値段も1500円(税抜)とリーズナブル。

そして、大きな黒い器に海の幸が色鮮やかに盛りつけられているので、食欲が増幅すること間違いなし。

もともとは、日替わりで提供したところ大好評で、今では店のメインメニューとなったのだそう。

他にも、自分でアレンジ可能な3色丼も人気。これは自分の好きな具材のみをのせて作れるので、お子様連れからは特に喜ばれそうですね。

<朝市食堂 函館ぶっかけ>
・住所:北海道函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場
・営業時間:6:00~14:00
・定休日:不定休(6月は水曜日)
・電話番号:0138-27-084
・料金:三色丼で2,100円~

◆朝市食堂二番館

五目丼

朝市食堂二番館は函館の朝市内の市場2階にあります。特筆すべきなのは、そのコスパの良さ。

なんと、500円(ワンコイン)で新鮮な海鮮丼を食べることができるのです。
写真にあるのは「五目丼」。これはマグロ・エビ・いくら・かに・帆立・鮭フレーク・サーモン・とびっ子・玉子焼き・菜の花がトッピングされています。

他にも、五目丼を含め、7種類もワンコインの海鮮丼があるのです。

駅ニ市場 海鮮丼

出典:r.gnavi.co.jp

それは何かというと

  • カニ丼
  • イクラ丼
  • 五目丼
  • 鮭親子丼
  • イカ刺丼
  • イカ三升漬丼
  • ジンギスカン丼(味噌汁・お新香付)

です。海鮮丼にまみれて、ジンギスカン丼もあるなんて、何だか新鮮ですね。

活いか釣掘

また、駅二市場では、活いか釣りを楽しめることでも有名です。もちろん、生け簀に入ったイカを釣り竿でただ釣るというものなのですが、大人でも案外楽しめるかと思います。

駅ニ市場 朝市食堂二番館
・住所:北海道函館市若松町9-19 函館朝市内駅二市場 2F
・営業時間:6:30~14:00
・定休日:無休
・電話番号:0138-22-5330

 

◆うにむらかみ

うにむらかみ 函館

出典:tabelog.com

札幌の美味しい海鮮丼特集でもご紹介差し上げたうにむらかみ。札幌店は札幌市北3条4丁目に日本生命札幌ビルにあります。

しかし、本店はここ函館市大手町。

特徴はミョウバンなど、添加物を一切使用していない無添加ウニであること。
四季折々の新鮮な魚介や北海道産の食材をふんだんに使用されたお料理が豊富なことも合間見合って大人気となっているのが当店です。

<うに むらかみ>
・住所:北海道函館市大手町22-1
・営業時間:[4/24~10/31]
7:30~14:30(L.O.14:00) ?17:00~22:00(L.O.21:00)
[11/1~4/24]
9:00~14:30(L.O.14:00)17:00~22:00(L.O.21:00)
・定休日:水曜日
・電話番号:0138-26-8821
・料金:海鮮丼で2,800円

◆馬子(まご)とやすべ

馬子とやすベ

出典:http://madeinhakodate.com/

函館駅から徒歩1分とアクセスも抜群の場所にあり、観光客で賑わうどんぶり横丁市場内にあります。

まずネーミングのインパクトがありすぎて一回聞いたら忘れられないですね。

店主のご兄弟が「馬子食堂」と「やすべ食堂」という名の割烹店をだしていることが由来だそう。

海鮮丼のメニューも20種類以上あり、定食や一品物もございます。

おすすめは「五色丼(1,680円)」で、甘エビ・ホタテ・生うに・自家製いくら・紅サーモンの5種類の魚介が乗っています。ちなみにホタテと蟹の2種類から選ぶ丼もあるので、迷いますね~!

鮮度抜群の五色丼でお腹も心も満たしてください!

馬子とやすべ
住所:函館市若松町9-15
電話番号:0138-26-4404
アクセス:JR函館駅徒歩1分
営業時間:6:00~16:00
定休日:水曜日

◆海光房

海光房の海鮮丼

出典:tabelog.com

地元の人に美味しい魚介類を食べれる居酒屋は?と聞くとよく名前が挙がってくるのがここ海光房。

そして、海光房といえば、巨大な生け簀があることで有名です。なんと9トンにもなるのだとか。9トンといっても、あまりイメージがつかないかもしれませんよね。

ただ、たくさんの魚介類が生きた状態で入っており、水揚げしてその場で捌いてくれるので、正真正銘穫れたての新鮮な魚介類を堪能できるというわけです。

さて、ここは新鮮な魚介類を扱っているのはもとより、一つ一つの魚介類が大きいのが特徴です。

そして、メニューも豊富。ただ、時間帯によって提供してくれる料理が変わることだけには注意してください。

<海光房>
・住所:北海道函館市若松町11-8
・営業時間:09:00~15:00(L.O.14:00)
17:00~23:00(L.O.22:00)
・定休日:不定休
・電話番号:0138-26-8878
・料金:海鮮丼で1,000円~

◆一花亭 たびじ

一花亭たびじ (いっかてい)

出典:tabelog.com

函館駅にとても近く、アクセス抜群な和食居酒屋「一花亭 たびじ」

水槽で泳いでいる函館沖のイカをさばいて出してくれる活いか踊り丼が有名です。

名前の通り、この海鮮丼にはイクラとイカ刺しの上に、まだ動いているイカを置いてくれます。

それが、踊り丼と呼ばれる所以です。

そのままでは食べにくいと感じたら、店員さんにお願いして切ってもらいましょう!

一花亭 たびじ
・住所:北海道函館市若松町8-20どんぶり横丁内
・アクセス:JR函館駅から徒歩2分
・営業時間:【4~10月】5:00~15:00【11~3月】6:00~14:00
・定休日:無休
・電話番号:0138-27-6171
・料金: 1000円~

◆海鮮味処 すずや食堂

函館朝市 すずや食堂 土方丼

出典:madeinhakodate.com

函館朝市の老舗、マルジュウ船岡商店直営「海鮮味処 すずや食堂」です。

ここでは函館にゆかりの深い土方歳三をイメージした海鮮丼、土方丼(税込1944円)が有名です。

これは5種の海鮮(自家製いくら、近海産のホタテ、ウニ、真イカ(スルメイカ)、ズワイガニ(棒肉))がぎっしりと詰まった海鮮丼であり、価格と質双方とも満足できる一品となっています。

写真にもある通り、蟹は交差されており、これは土方歳三の刀、ニンジンは「五稜郭」の星を表しているのだそう。さらに、誠と書かれているのは、イカスミとマヨネーズでできており、ベースは厚焼き玉子となっています。

海鮮丼の見た目も工夫を凝らした一品、是非ご賞味ください。

海鮮味処 すずや食堂
・住所:北海道函館市若松町10-4 函館朝市内
・アクセス:JR函館駅より徒歩3分
・営業時間:6:00~14:00
・定休日:無休
・電話番号:0138-23-0461
・料金:1000円~


いかがだったでしょうか。

以上、函館で美味しい海鮮丼のご紹介でした。やはり、海に面している函館ならではの新鮮さを是非堪能してみてくださいね。

特に、函館の朝市は必見の価値ありです。

▼関連記事はこちら

【ベスト版】北海道全域での海鮮丼特集

小樽での海鮮丼特集

札幌での海鮮丼特集

PR