北海道LOVERS

北海道の懐かしいCM特集

2016年04月11日(月)/北海道全エリア


テレビから流れてくるCMは見ていなくても耳に入り、知らずに脳内にインプットされ無意識に口ずさんでしまう…

そんな経験は誰にでもありますよね。各地方でしか流れない企業のCMは、時を経て聞くと懐かしさと嬉しさで口ずさんでしまいます。そんな懐かしい北海道で流れていたCMをご紹介したいと思います。

筆者は30代ですので筆者の幼少期辺りのCMを筆者主観でご紹介したいと思います、さて皆さまはいくつ分かるでしょうか?

PR

◆札幌千秋庵の山親爺

 

「でてきたでてきた山親爺、ささのはかついで鮭しょってスキーに乗った山親爺、千秋庵の山親爺~」

道民なら誰でも歌える北海道を代表するローカルCMですね。

千秋庵とは北海道の製菓会社で有名なのは「ノースマン」というパイ生地の中に餡子が入った和菓子が有名です。

肝心の山親爺はバター風味の煎餅ですが、筆者は食べた事がありません、年配の方はあると思いますが子供はどちらかと言うとノースマン派なのではないでしょうか。

そんな山親爺の歌は一時テレビから消えてしまいましたが2014年STVにて復活したようです!(STVのどさんこワイドのスポンサーに戻ったようです)

道民あるあるで言えば、でてきたでてきた山親爺~♪の「やまおやじ」の語尾が上がるか下がるかで議論になります。

やまおやじ~↑か、やまおやじ~→かでどちらが正しいか飲み会の席で盛り上がった事があります。

正解は、山親爺のCMにてご確認をお願いします。

 

◆十勝おはぎのサザエ

「フォエバ~愛が空をかける~♪」

天気予報に流れている曲です。雄大な北海道の空を黄色い気球が飛んでいるCMです。

この曲がかかると日曜日の終わりを実感するのであります。

今は、着物美女が縁側で「十勝の小豆で化粧して~♪」と歌っていますよね、これも耳に残るCMですね。

 

◆焼き肉 昌園

「昌園! 昌園! 焼き肉昌園! 50%オ・フ!50%オ・フ!」

焼き肉屋昌園のCM曲です。ピエロ姿のダンサーが軽快に踊っているシュールなCMですが歌がとても耳に残ります。

 

◆登別 くま牧場

「の・ぼ・り・べ・つと言えば く・ま・ぼ・く・じょう(くまぼくじょう)愉快な仲間が!素敵な仲間が(イェイ)みんなまてるぜ!くま牧場」

ラップです。当時では珍しい早口の歌でした。

登別にあるくま牧場のCMで、くまがDJに扮装しているCMです。

最近のCMのラップはもっと激しめの口調で歌っていますね、お客さんをもっと集客したい気持ちがCMに表れています。

 

◆旭川市 高砂温泉

「パパもママも僕も君も~」の歌に載せて仙人が女風呂からお湯をかけられ、最後は天女と仙人が仲睦まじくなるCMです。筆者は幼少期でしたので、この仙人が気持ち悪いとCMを毛嫌いしておりました。

今もまだ流れているのですがCMがブラウン管の時の荒い画像になるのでそれも味だなと懐かしんでおります。

 

◆松尾ジンギスカン

「おなかも おへそも ほっぺたんも は~あびっくりこいだ~松尾ジンギスカン~だね~」最後の歌詞ですがこの歌詞が一番インプットされております。

ジンギスカンを食べているサラリーマンを囲んでサンタクロースやうさぎなどが盛り上げているアニメ調となっており、当時の日本昔話のエンディングを思い出すCMです。

滝川発祥の松尾ジンギスカンは甘じょっぱいタレに漬けこんだラム肉を焼いて野菜と絡めて食べる北海道の老舗店です。

CMはもうやっておりませんが、松尾ジンギスカンは店舗を拡大して今も大盛況ですよ。

 

◆メガネサロンスマイル

1996年に放送されていたCMで、シーズー犬が赤眼鏡をかけてピアノを弾いて歌手達とセッションするとってもシュールなCMです。「メガネサロンスマ~イ~ル~♪」のみの歌でしたが今も耳に残っているCMです。

 

◆夕張 石炭の歴史村

「バリバリ夕張♪」でお馴染みのCMです。

当時は遊園地や博物館などが話題で、北海道のCMでもよく流れていましたね。

 

◆HORI 夕張メロンピュアゼリー

料理研究家の服部さんがでてピュアゼリーを褒め称えます。「じゅわ~と広がりますね!」と言っていたのが印象的です。

なんと11年連続お中元ギフトNo,1だそうです。

 

◆鈴らん印 つぶあん ねりあん

「マイネーム イズイズ アン!」

このフレーズを言って笑った人は道民出身者です。


 

以上が懐かしのCM特集でした。

知っているCMや懐かしいCMはありましたか?

どれを見ても製作費を掛けていない所が味があってシュールで面白いですよね。

懐かしくて見たい方はyoutubeにも載っていますのでご覧ください。(ライターK,I)

PR