北海道LOVERS

円山動物園のおすすめの見所を一挙ご紹介

2016年03月21日(月)/札幌の観光名所


北海道の動物園と言えば旭川市にある旭山動物園が大変有名ですが、札幌にも動物園があるのをご存知でしたか?円山動物園は、札幌の市街地から車で20分ほどの場所にありアクセスも充実しています。

今回は筆者がオススメする円山動物園の見所をご紹介したいと思います!

エリア円山動物園

出典:https://www.city.sapporo.jp/

PR

円山動物園の見どころその1ホッキョクグマ

ほっきょくぐま

出典:http://4travel.jp/travelogue/10773314

2012年に双子の赤ちゃんグマ「ポロロ」「マルル」が誕生し大変な賑わいを見せたのはまだ記憶に新しいでしょう。この日は長蛇の列の参観者となり、それほど円山動物園のホッキョクグマは名物とも言えます。

その後、2014年には8頭目となる赤ちゃん「リラ」が誕生し愛らしい姿がファンの間で人気となっています。特にリラのお転婆な姿とそれを見守る母親とのやりとりなどは必見の価値あり。

また、冬の円山動物園はホッキョクグマの巨大パネルも設置され、ホッキョクグマの人形や熊の手のアイテムなどを使って写真撮影もすることができます。これはお子様がいらっしゃる家族に特に人気とのこと。かく言う筆者も毎年お金を払い、プロの方に撮ってもらいます。その方が大切な思い出として重宝できるからです。

しかし、必ずしも有料の写真を購入する必要はなく、手持ちのデジカメでも撮ってくれるので良心的であります。

円山動物園の見どころその2オオカミ

オオカミ

出典:http://www.city.sapporo.jp/

エゾシカ・オオカミ舎にいるオオカミはとってもカッコよく筆者は動物園の中で一番好きな場所です。

オオカミの中でも最も大きいとされるのがシンリンオオカミで、円山動物園には現在4頭が住んでいます。

一匹狼と言う言葉があるように群れないで個々で活動しているのかと思いきや、オオカミはリーダーが厳格で群れのまとまりが強い動物のようです。その立ち振る舞いや顔立ちなどは凛としています。そのため、オオカミをご覧になって、とっても格好良いと感じる方も多いのではないでしょうか。

また、円山動物園は夜の動物園もやっており、夏の間の定期日に開催される夜のシンリンオオカミは見応えがあるので是非見て頂きたいです。

やはり夜の方がオオカミたちの動きも俊敏で、昼間より格好よさがパワーアップしていると思いますよ!

円山動物園の見どころその3は虫類館・両生類館

爬虫類

出典:http://blog.goo.ne.jp/

苦手な人も多い爬虫類ですが、蛇ワニカエル系が大好きな人には楽しい場所です。この爬虫類、両生類の展示数は何と約70種450点と多岐にわたります。

ここは2011年にオープンと比較的新しいこともあり、要所要所に爬虫類をうまく見学できるような工夫が多々あります。なので飽きること無しに爬虫類をじっくり見学することができます。

その中でも一番の見どころは最初に現れるワニです。ワニはいつもお腹をだしてゆらゆら浮いているため、ワニの裏側を覗く事もできます。

余談ですが、冬など寒い日には爬虫類館は温かいので、温まりたい時などにもお勧めすることができます。(熱帯鳥類館も温かいですが臭いです。)

円山動物園の見どころその4レッサーパンダ

ダレッサーパン

出典:http://www.mytokachi.jp/

わくわくアジアゾーンの髙山館に住んでいるレッサーパンダは2014年に赤ちゃんが生まれ現在は6頭のレッサーパンダを見る事が出来ます。

ふわふわの丸みのあるレッサーパンダはとにかく癒されます。癒され度ナンバーワンです。

円山動物園の見どころその5アフリカゾーン

ライオン

出典:http://www.city.sapporo.jp/

新施設で建設中のアフリカゾーンはキリンとカバ・ライオンの2棟の建物で構成されるエリアで全面オープンは2016年の夏の予定です。そのため現在は引っ越しが完了している一部の動物しか見ることができません。

やはり動物園の見どころと言えば、ライオンやキリンやカバ。これらは誰しもが認める迫力満点の動物達ですよね。

ライオンは夜の動物園の時の方が見応えが倍あります。一方でキリンはやはり昼間の方が可愛く見えますね。

早く新しい施設での動物たちの姿を見たい方は、夏のオープン直後に行ってみてはいかがでしょうか。

円山動物園の見どころその6こども動物園

子供動物園

出典:https://mobile.twitter.com/

リスやウサギなどの小動物がいるエリアで、羊やアヒルなどが放し飼いになっていて、触れ合える動物園コーナーです。

動物を間近で見て触る事が出来るので大人も楽しめますよ。

円山動物園の見どころその7フクロウとタカの森

フクロウ

出典:http://nob24k.exblog.jp/20480826/

森の賢者と呼ばれるフクロウや鷹やワシなどがいるエリアです。ここはマイナーなエリアに感じるかもしれませんが、近づいてみると大きくて格好良いのでついつい見惚れてしまうことも。また、シロフクロウは可愛さの中に凛とした格好よさもあり見ていて飽きません。

飼育員さんが見せてくれるフクロウや鷹のフリーライトが間近で見れるので一見の価値ありですよ!

 

円山動物園概要

円山動物園

最後に円山動物園に興味がある方のために料金や開園時間についてご紹介したいと思います。

特に開園時間については2016年4月1日から開園時間、及び休園日が変更となったので注意が必要です。以下に料金体系と一緒にその詳細をまとめましたので是非参考にしてください。

開園時間

期間 開園時間
夏期 3月1日-10月31日 9時30分~16時30分
冬期 11月1日~2月末日 9時30分~16時

休園日

  • 毎月 第2、第4水曜日(祝日の場合は翌日)
  • 4月 第3週の月曜日~金曜日
  • 11月 第2週の月曜日~金曜日
  • 12月29日~31日

入園料

入園料 備考
年間パスポート(高校生以上)

1,000円

初回入園日より1年間有効

年間パスポートのお得な情報

大人(高校生以上)

600円

札幌市内に居住の65歳以上の方、

身体障害者手帳などをお持ちの方は無料です。

小人(中学生以下)

無料

中学生は、生徒手帳をご持参ください。
団体(30名以上)

540円

予約は必要ありません。

窓口に直接お越しください。

アクセス

所在地:  北海道札幌市 中央区宮ケ丘3番地1

  • 地下鉄「円山公園駅」下車、徒歩約15分
  • JRバス動物園線[円15]動物園前駅下車すぐ

 

以上が筆者がお勧めの見どころのご紹介と円山動物園の概要でした。

まだまだ見どころはあり、ひとつひとつに良い所がある円山動物園ですので是非遊びに行って動物たちと触れ合っていただきたいです。(ライターK.I)

PR