北海道LOVERS

ドライブがてら行ける、札幌近郊の美味しいお店4選

2015年08月29日(土)/札幌グルメ


天気の良い日には、ドライブがてら、少し離れたところへ食事に行きませんか?
たまには都会の喧騒を忘れて、海や山の雄大さを感じながら、ランチやお買い物を楽しむのも、英気を養うことができて良いものです。今回は、札幌の中心部から車で日帰りできる距離にある、自然に囲まれた美味しいお店をご紹介します。

PR

Ripple(リップル)

リップル

出典:http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/

札幌を北上し、オロロンラインをさらに北へ進み、脇道へ入れば、日本海が見渡せる、素晴らしいオーシャンビューの中に建つ一軒のお店があります。

ここリップルは、絶品の石窯パンとピッツァが食べられるお店です。土日祝は日没と同時に閉店という、風情のある営業時間設定が、とても魅力的。

イートインスペースでは、自慢の石窯とこだわり素材で焼いた本格ピッツァが楽しめます。
おすすめは、マルゲリータエクストラ。チェリートマトと自家栽培バジル、イタリア製の水牛モッツァレラチーズのピッツァです。また、期間限定で、その都度違う具材のピッツァもありますよ。

パンも石窯で焼かれていて、香ばしくてとても美味しいです。
ただ、イートインスペースで食べられるのはピッツァだけで、パンはイートインできないのでご注意を。
ただ、天気が良ければ、外のベンチで潮風を感じながら食べることができますよ。

Ripple(リップル)
ジャンル:パン、ピッツァ、カフェ
電話番号:0133-77-2288
住所:北海道石狩市厚田区望来338-30
交通手段:手稲駅から車で1時間ほど
営業時間:(土・日・祝)10:00~夕日まで
(水・木・金)11:00~17:00
日曜営業
定休日:月・火(祝日の場合は営業)

ONSEN食堂

定山渓
その名の通り、豊平峡温泉内に併設されている食堂です。このONSEN食堂を、ありふれたフードコートのようなものと思ってはいけません。ここでは、本場のシェフが作る、本格北インド料理が食べられるのです。メインの本格インドカリーは種類も多く、何度も通って全制覇したくなるほど。

カリーも素晴らしいですが、本当に素晴らしいのは、表面はパリッと、中身はふわふわのモチモチに焼き上げたナン。

ONSEN食堂

出典:http://tabelog.com/

タンドール窯を用いて短時間で焼き上げた、本場の味そのままの一品です。

カリーは辛さを選べますし、それだけではなく、お蕎麦やジンギスカンも食べられる食堂なので、お年寄りや子供と一緒に行っても大丈夫です。
定山渓の新緑や紅葉を楽しみながらドライブして、ゆっくり温泉に浸かって、美味しい本格カリーまで食べられるという、欲張りさんに打ってつけのお店です。
定山渓
ちなみにですが、特製ナンといっしょに食べる、本格「北インド料理」のお値段は以下のようにちょっと割高です。

ポークカリー 900円
チャナマサラカリー800円
エッグカリー 700円
チキンカリー700円

しかし、本格的なので是非豊平峡温泉のインドカレー屋ONSEN食堂は行く価値ありです。

ONSEN食堂
ジャンル:インドカリー、そば、ジンギスカン
電話番号:011-598-2410
住所:北海道札幌市南区定山渓608-2 豊平峡温泉
交通手段:じょうてつバス 豊平峡温泉停留所下車,札幌市街から国道230号線で中山峠方面へ車で約35km。
営業時間:【インドカレー】11:00~22:00(LO)【和食】11:00~21:00(LO)
定休日:年中無休

Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)

Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)

出典:http://tabelog.com/

お食事するお店ではありませんが、海沿いにある美味しいパン屋さんです。
小樽と余市の境目あたり、忍路の丘の上に立つ、パン好きなら知らない人はいないほどの有名店です。

細い坂道を上り、駐車場に降り立つと、忍路の海を見下ろせる素晴らしい眺め。
この絶景を見られるだけでも、遠出をした甲斐があると思えます。

店内は小さいですが、売られているパンはどれも美味しく、小麦を始めとする素材の味が活きています。
特におすすめしたいクロワッサンは、層がしっかりしていて、バターの風味と小麦の味が広がる、そのままいくつでも食べられる味です。
ハード系のパンは、バゲットなどのプレーンなパンはもちろん、くるみとイチジクのパンなど、洋酒に合いそうな味わいの深さ。

大変な人気店なので、土曜や祝日は、開店前からお店の前に並ぶ人も。
午後には早々と売り切れてしまうものもあるので、前日に予約をしておいた方が安心かもしれません。

Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)
ジャンル:パン
電話番号:0134-64-2800
住所:北海道小樽市忍路1-195
交通手段:小樽駅前から北海道中央バス18余市(よいち)線、20,21積丹(しゃこたん)線で「忍路(おしょろ)」下車(約20分)、国道5号線から脇の道を上って徒歩10分。
蘭島駅から1,550m
営業時間:
【火~金】10:30~18:00一回目の焼き上がり10:30頃,二回目の焼き上がり13:30頃
【土・祝】9:30~18:00一回目の焼き上がり9:00頃,二回目の焼き上がり11:00頃
定休日:日曜・月曜(冬季・夏季休暇あり)

リストランテ・クレス 長沼店

リストランテ・クレス 長沼店

出典:http://tabelog.com/
長沼と言えば、ジンギスカンがぱっと頭に浮かびますが、新鮮野菜が身近な土地柄、じゃがいもや野菜料理を売りにしたお店も、たくさんあることをご存知でしょうか。
その中でもここ、リストランテ・クレスは、たくさんの野菜料理をビュッフェスタイルで食べられる人気店です。

ビュッフェとは言え、メイン料理は8種類ほどから選択でき、それ以外の副菜、ドリンク、デザートを好きなだけセルフで取って頂くという仕組みです。
野菜料理は、地元の契約農家から仕入れているもののため、季節に合わせて移り変わっていきます。

メイン料理は、パスタや肉料理から選べるので、野菜料理だけでなく、ちょっとお肉も食べたい!という人でも満足できるはず。
野菜料理は選ぶのに困るほど多数で、サラダだけではなく、具だくさんのスープや季節の野菜のオーブン焼きなども随時用意されています。
今の季節なら、トマトやズッキーニなどの夏野菜料理が目玉ですが、もう少しすると秋野菜も楽しめるようになるでしょう。

リストランテ・クレス 長沼店
ジャンル:野菜料理、バイキング
電話番号:01238-2-5500(個人の予約受付不可)
住所:北海道夕張郡長沼町 東3線北10
交通手段:札幌から車で1時間ほど 公式HPに詳しい地図あり
営業時間:11:00~15:30(LO)16:30閉店
冬季は11:00~14:30(LO)15:00閉店
※重要 冬期間は悪天候により、予告なく休業する場合があります(要電話確認)
ランチ営業、日曜営業
定休日:5~10月は無休、11~4月は水曜定休(祝日は営業の場合あり)

札幌からドライブ気分でちょっと足を伸ばして行ける、美味しいお店を4つご紹介しました。
時間的には1~2時間と、そう遠くはないですが、海沿いだったり、山中だったりなど、自然を満喫できる地域にあるお店ばかりです。次の休日は、天気が良ければ、車でこんなお店に行ってみてはいかがですか。

PR