中国LOVERS

鳥取県の名所!世界屈指のラジウム温泉・三朝温泉を楽しもう

2018年07月07日(土)/鳥取

Pocket

三朝温泉とは

三朝温泉とは

三朝温泉は、鳥取県東伯郡三朝町にある温泉で、特徴とてはラジウムおよびラジウムがアルファ崩壊したラドンが高い濃度で含まれており、世界屈指の放射能泉となっていること。身体に浴びると新陳代謝が活発になり、免疫力や自然治癒力が高まる他、吸うことで抗酸化機能が高まり、老化や生活習慣病の予防に役立ちます。

三朝温泉とは

またミネラルを豊富に含んでいますので、飲泉にも最適。こうしたことから「浸かってよし、飲んでよし、吸ってよし」と言われ、「三たび朝を迎えると元気になる」という言われから三朝温泉という名がついています。リウマチ性疾患・痛風・高血圧症・動脈硬化症・糖尿病・消化器系疾患・胆肝道疾患・喘息などに優れた効果があるとされ、どこか懐かしい昔ながらの雰囲気が漂う湯の町の風情を楽しむことができます。今回はそんな三朝温泉でおススメの温泉をご紹介します。

三朝温泉
鳥取県東伯郡三朝町三朝
TEL: 0858-43-0431

①三朝館

出典:トククーポン

三朝館は敷地内に源泉を持った自家源泉かけ流しの天然温泉。三朝随一の湯量を誇り、大浴場、檜の露天風呂、打たせ湯・・・など、12の湯処を楽しめる他、千坪に広がる日本庭園風呂では、閑静な庭園に包まれた「庭の湯」と、源泉の滝を囲む「滝の湯」の2つのゾーンがあります。朝と晩で男湯・女湯が入れ替わるため、時間帯によって異なる温泉を楽しめるのは嬉しいですね。立ち寄り入浴や、料理と温泉を合わせた昼食付き日帰りプラン等、スケジュールに合わせてプランを選ぶことができるので、幅広い用途でご利用いただけます。

②万翆楼

出典:鳥取遊戯

万翆楼では、自家源泉3本からなる「かけ流し(放流式)」のお湯により、浴場ごとに異なる泉質を楽しむことができます。温泉の効能が高く自然治癒力も高める三朝温泉であることと、昔からお薬師様を大切にお祀りしていることから、大浴場を「お薬師さま乃湯」と名付けたのだとか。限られた湯量のなかで源泉かけ流しにこだわっているので、浴槽サイズはさほど大きくはありませんが、自家源泉湧出の新鮮なラジウム泉の効能を充分に堪能できるサイズ。浴槽から上がるラジウム泉の湯気が上がり、呼吸をする毎に身体の中から癒しの効果をもたしてくれることでしょう。

③後楽

出典:バイクで泊まれる宿泊施設!

後楽は温泉街のほぼ中心に位置し、正面の長屋門を始め、当館創業時の建物は大正後期から昭和の中期にかけて活躍した勤惰建築の巨匠・堀口捨己が設計しています。温泉は大浴場と露天風呂があります。また、旬の食材、地の食材を使用した会席料理を楽しむこともできます。例えば、地元高級ブランド、鳥取黒毛和牛、関金の地山葵、三朝コシヒカリ米など、鳥取県自慢の食材と日本海の海の幸が盛り沢山。日帰り入浴も可能です。

④大橋

出典:トラベルジェイピー

昭和7年に創業し、平成9年には国の登録有形文化財に指定された旅館大橋。現代では手に入れることが困難な銘木を集めて作られた建物は伝統ある風格を漂わせています。ほぼ全館が登録有形文化財に指定されている非常に珍しい建物。

温泉は、5ヶ所の自家源泉を持ち、うち3ヶ所が自噴泉となっています。「巌窟の湯」では3つの湯船からそれぞれ温泉が自然噴出し、ラジウム泉の他に、三朝温泉ではここだけが持つトリウム泉があります。そのトリウム泉は昭和23年に世界一の濃度と言う称号も得ています。また、2014年9月リニューアルオープンした露天風呂「せせらぎの湯」では、三徳川のせせらぎの音を聞きながら入浴でき、露天風呂横には源泉を注入したホルミシスサウナ(ミストサウナ)も設置されています。

⑤依山楼岩崎

出典:高枕

依山楼岩崎は、昔から皇族や、島崎藤村、与謝野晶子といった多くの文人墨客に愛され続けてきた三朝温泉を代表する老舗旅館。広大な庭園をめぐる回廊を散策することができます。回遊式大庭園風呂「山の湯」は、「左の湯」と「右の湯」にゾーンが分かれており、それぞれ男湯と女湯となっています。時間帯により男女の入れ替えがあり、朝と晩で両方のお湯が楽しめます。「左の湯」は足湯、寝湯、蒸気風呂、歩行湯など、体への物理的な刺激で三朝温泉のホルミシス効果を最大限に引き出すお風呂となっており、「右の湯」はレトロな雰囲気の「癒し」がテーマのお風呂となっています。ちなみにバリアフリーの貸切風呂もありますよ。

⑥木屋旅館

加茂信志のブログ 

木屋旅館は150年以上の歴史を誇り、迷路のような館内が特徴的な旅館。木造三階建ての全館が国の登録有形文化財に指定されており、明治元年創業以来、古き良き雰囲気を守り続けています。大浴場の他にも、大正時代から使われている手掘りの源泉の湯や、足元の地下約2mの深さから湯が沸くお風呂、気化したラドンを含んだ湯気をたっぷりためて入る地下の蒸し風呂など、いくつかの湯を楽しむことができます。

⑦清流荘

出典:dトラベル

清流荘には豊富な湯量の3つの源泉。館内には8つの湯殿があり、その内3つは貸切風呂となっています。日帰り入浴も可能。三朝川のせせらぎと自然あふれる景色で心安らぐひと時を楽しむことができます。4月には桜、6月にはカジカガエルの鳴き声とホタルを見ることができるなど季節によって異なる見所も。館内には、和紙灯りの優しい灯りがあちらこちらに用意されており、三朝で採れた藤かずらに和紙を貼って作られているそうです。

⑧橋津屋

出典:橋津屋

三朝川のほとりにある橋津屋は2016年に玄関・ロビーをリニューアルした和の風情溢れる温泉宿。「雨情」と名づけられた露天風呂・大浴場は黒を基調としたシックな雰囲気の離れ湯、そして湯殿「岩の音」では自然の岩を配した空間で非常にリラックスできます。木の香りが楽しめる貸切の露天風呂も。

客室は1室1室が異なる趣となっており、利用する度に新鮮な気分を味わうことができます。本館より少し離れた場所には1日1組のみが利用できるスイートルームがあり、専用露天風呂と内湯が利用できる他、ゆったりとした天井高のリビング・寝室からは、庭園の趣きを楽しむことができます。


「心と身体を癒してくれる」と言われている三朝の湯ですが、それは名ばかりではなく、実際に世界屈指の放射能泉として有名です。大いにリフレッシュ効果が期待できますし、持病の改善にも効果があります。また、風情のある温泉街は見るだけでも価値があります。日頃の疲れを癒しに、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?