中国LOVERS

倉吉市に残る旧城下町・倉吉白壁土蔵群のレトロな街並み

2018年06月30日(土)/鳥取

Pocket

倉吉市は鳥取県の中部に位置し、打吹山という山にあった城の城下町として広がったのが現在の倉吉の町の始まりであると言われています。江戸、明治期に建てられた建物が多く、今でも城下町の風景の名残があり、倉吉駅から少し足を伸ばすだけで、レトロな町並みを楽しむことができます。倉吉白壁土蔵群はその代表的なものであり、白と黒が織り成す美しい土蔵が、旧市街を流れる玉川沿いに続いています。今回は倉吉白壁土蔵群周辺の見所を紹介していきます。

①倉吉白壁土蔵群

吉白壁土蔵群

今回の主役である倉吉白壁土蔵群は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。旧市街を流れる玉川周辺には江戸後期から昭和初期の建物が多く立ち並び、その町並みの景観は商家を主体とする景観と、土蔵を主体とする景観と大きく2つに分かれています。その町並みから、山陰の「小京都」とも呼ばることも。この白壁土蔵群は漆喰で塗られた壁と赤い石州瓦が使われていることで有名ですが、焼き杉が腰壁に使われていることも、この土蔵の造りの特徴の1つです。焼き杉は、外観を引き立たせる他にも、一度酸化させることにより、耐久性を出す加工となっており、これらの建物が長く維持できる要因にもなっています。こうした材料を使うことは、山陰のような雨の多い地域に適した建築法といえます。また、この倉吉白壁土蔵群は、鳥取県出身のマンガ家・谷口ジローさんの「遥かな町へ」の舞台としても登場し、このマンガがヨーロッパでも高く評価されたこともあり、現在では海外からの観光客も多く訪れています。倉吉駅から車で10~15分ほどで行くことができます。

②倉吉白壁土蔵群観光案内所

倉吉白壁土蔵群観光案内所

出典:Goo ブロ

倉吉白壁土蔵群を訪れたなら、まず始めにこの観光案内所に立ち寄りましょう。観光パンフレットがもらえます。ここで、何をどの順番で観るか、計画を立ててから観光すると、効率よく観てまわることができます。また、レンタルサイクルをやっていますので、自転車を借りることができたり、雨の場合は傘のレンタルもできます。

③桑田醤油醸造場

桑田醤油醸造場

桑田醤油醸造場は、明治10年創業の老舗の醤油屋さんです。店内はレトロ感満載の商家造りです。1年半以上ゆっくりと醗酵・熟成させていく、昔ながらの製法で手間ひまかけて仕込まれたオリジナルブランドの醤油が店内に並んでいます。
また、それだけではなく、オリジナルの「しょうゆアイスクリーム」や「しょうゆマカロン」など醤油を使ったスイーツも販売しています。特に「しょうゆアイスクリーム」は名前のイメージとは真逆で食べやすいアイスクリームです。しょうゆの味・・・というわけではなくバニラアイスのなかに醤油の風味がある感じで、スイカに塩をふるような感じで甘みが引き立っています。

④おもちゃのたいら

出典:www.apionet.or.jp

昔のおもちゃと駄菓子のお店です。ヨーヨーやスーパーボール、風船、花火・・・など、思わず童心に返ってしまうおもちゃや、「あー、これあったよなぁ」と思えるような10円~50円くらいの駄菓子が沢山おいてあります。ここで駄菓子を買って、昔の味を思い出しながら城下町を散策してみてはいかがでしょうか?

⑤米澤たいやき店

米澤たいやき店

出典:www.apionet.or.jp

鳥取県倉吉市の地元スイーツといえば打吹公園だんごが有名ですが、この米澤たいやき店のたいやきも、人気の地元スイーツです。白いたい焼きで生地がもちもちしていて、端はカリッと焼きあがっています。白いたいやきの理由は、たい焼きを始めた当初は卵が貴重であったため使えなかったことの名残だそうで、創業当初の味を守り続けています。大粒の小豆がしっぽの先までしっかりと入っていて、その場で焼いてくれるため、アツアツのまま食べることができます。店内にはイートインコーナーもあり、ゆっくりと座って食べることもできます。たい焼きの他にも、大判焼きもあるそうです。

米澤たい焼店 (ヨネザワタイヤキテン)
お問い合わせ 0858-22-3565
住所 鳥取県倉吉市堺町2丁目929-1
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日

⑥お香とうらなひのお店「ひフみ」

出典:SPOT

お香・お線香を約500点そろえたお店です。伝統の香から現代の香まで様々なものを取り揃えています。お香の他にも、アロマや雑貨、ポストカードなどを購入できます。また、鑑定相談(占い)をお願いすることもできるようです。

⑦赤瓦一号館

赤瓦一号館

鳥取遊戯

赤瓦一号館は、元々は古い大きな醤油屋のもろみ工場だったのですが、現在はお土産物を中心としたお店が並んでいます。様々な倉吉特産品をはじめ、手作りアクセサリー・ちりめん細工の販売の店、喫茶・・・など、倉吉民芸品・特産品の文化を楽しむことができます。帰り際にお土産を買う際にはおススメのお店。休憩スペースが用意されており、観光で疲れた時に休むこともできます。

⑧倉吉ふるさと工芸館

倉吉ふるさと工芸館

出典:Gooブログ

倉吉の伝統工芸品「倉吉絣(くらよしがすり)」を展示販売しています。「倉吉絣」は絵をそのまま織り込んだような、複雑で精巧な模様が特徴です。機織りの見学もでき、倉吉の伝統文化に触れることができます。工芸品の、のれんや鞄などの販売も行っています。

⑨TSUDOI~集~

TSUDOI~集~

出典:食べログ

2016年オープンと、今回紹介しているお店の中では新しいお店ですが、「鳥取中部B級グルメバトル2016」で優勝している実績のあるお店です。から揚げ・無農薬野菜・地ビールを楽しむことができます。特にから揚げにこだわったお店で、「から揚げ新提案」というキャッチコピーの「トリーズ」というから揚げは、プレーン味の他にも、「ハニーマスタード」、「明太子マヨネーズ」、「ねぎおろしポン酢」・・・など、様々なバリエーションがあります。店内は明治初期を思わせる雰囲気で、サラダには地元湯梨浜町の「センコースクールファーム鳥取」で生産された朝採れの無農薬野菜を使っています。また、イギリスの「ワールド・ビア・アワード2011」で世界一位を獲得の名品「大山Gビール」も味わえますよ!

TSUDOI (集)
お問い合わせ 050-5593-3138
住所 鳥取県倉吉市魚町2516-4 TSUDOI –
営業時間 10:30~18:00
定休日 不定休

鳥取県倉吉市は、倉吉駅前は大型商店や全国チェーンのお店などがありますが、少し足を伸ばせば、昔の城下町の雰囲気がかなり残っています。アトラクションのような刺激的なものはありませんが、普段の慌しい日常を忘れて心のリフレッシュをさせるにはもってこいの観光地だと思います。エリアも全体的に広すぎることはなく、ゆったりしたペースで見てまわっても、一日かければ十分見終えることができる広さです。是非倉吉市で心の洗濯でもしてみませんか?