中国LOVERS

広島の牡蠣を厳選!本当に美味しいグルメスポット

2017年09月24日(日)/広島

Pocket

牡蠣の名産地は全国各地にありますが、広島もそのひとつです。広島といえば「牡蠣」と「お好み焼き」というくらい、全国的に有名です。広島に来た友人に「おいしい牡蠣を食べに行きたい!」と言われることもしばしば。広島の海に広がるたくさんの牡蠣いかだを見ると、広島でおいしい新鮮な牡蠣が食べられるのも納得です。冬になればたくさんの牡蠣が水揚げされ、海際の作業場では牡蠣打ちが行われています。

そしてそのおいしく新鮮な牡蠣をたくさん食べられるおいしいお店が広島には多くあります。広島に観光で来るときはぜひそのおいしい牡蠣のお店をチェックして、広島の牡蠣のおいしさを味わってくださいね!

かき船 かなわ

かき船 かなわ

出典:はんつ遠藤

広島でおいしい牡蠣を食べたいと思うとき、まず思い浮かぶのは「かき船 かなわ」。「かき船 かなわ」はその名のとおり、お店が船になっています。観光客が多く訪れる平和公園の中にある元安橋のたもとに「かき船 かなわ」の船があります。
地元の人だけでなく、観光で平和公園を訪れた人はきっと一度は見たことがあるはず。昔からある老舗のお店です。
「かき船」と名が付くように、このお店は牡蠣にこだわり、おいしい牡蠣が食べられるお店として知られています。
かき酒やかきのグラタンなど、普通の焼き牡蠣など以外にもさまざまな料理があります。

かき船 かなわ

出典:食べログ

「かき船 かなわ」の中から平和公園を眺めつつ、牡蠣を食べるというのも広島の楽しみ方の1つだと思います。

広島料理 酔心

広島料理 酔心

出典:ぐるなび

広島でも特別なお店といえば「酔心」です。県外からのお客様が来た時には「酔心」へ!と広島の人が思うほど味に信頼があります。そしてこの「酔心」でもおいしい牡蠣の料理を食べることができます。
さまざまな料理がありますが、メニューによってはお手頃な価格でおいしい料理を食べられるのでうれしい!
観光に来た人にも「酔心」は知られているようで、牡蠣の季節には多くの人が訪れます。
「酔心」は釜飯が特においしいと評判ですが、牡蠣の時期にはおいしい「広島産かきの釜飯」がメニューに登場します。これは釜飯のおいしい「酔心」でこそのメニュー。個室もあり、ゆっくりと料理を堪能できるので、牡蠣と一緒においしい釜飯や広島の料理を食べたい人にオスススメです。

ミルキー鉄男のかき小屋

ミルキー鉄男のかき小屋

出典:食べログ

ここ2、3年の間に牡蠣を食べたい広島の人たちの間で一気に話題になっているのが「かき小屋」という言葉。おいしい牡蠣が食べられるお店に「かき小屋」と付くお店が増えてきたのです。
その中でも特に地元広島の人に人気なのが、広島市南区宇品にある「ミルキー鉄男のかき小屋」。最近は有名になってきましたが、少し前までは知る人ぞ知るおいしい牡蠣が食べられるお店という感じでした。この「ミルキー鉄男のかき小屋」が人気の理由は、炭火で焼いた焼き牡蠣が食べられること。

そして期間限定の営業で、牡蠣のおいしい時期にしかお店が営業していないということです。セルフサービスで牡蠣や他のものを選び、あとは自分で炭火の上で焼きます。他のお店のように、作られた牡蠣の料理が運ばれてくるのではなく、自分で焼くのもうれしいところ。熱々の焼き牡蠣が食べられます。広島の人は牡蠣の中でも焼き牡蠣が大好き。
一番牡蠣のおいしさが味わえると思います。
まだまだ観光客には知られていないお店ですが、牡蠣のおいしい時期に広島に来るならぜひ行ってほしいお店です。

かき小屋袋町店 海平商店

かき小屋袋町店 海平商店

広島市中区の繁華街の中心にある牡蠣料理が食べられるお店は「かき小屋袋町店 海平商店」。繁華街の中心である「本通り」からすぐ近くにあるため、広島の人をはじめとして広島を観光に訪れた人たちもとても行きやすいお店です。繁華街の中心でもおいしい牡蠣が食べられるのは、他にも営業している系列のお店と一緒に新鮮でおいしい牡蠣を仕入れているから。

「かきのがんがん焼き」など、牡蠣を思う存分食べられる料理もたくさんあります。広島の人の牡蠣の食べ方は、少しの牡蠣を味わう・・・というより、たくさんの牡蠣を焼いて一気に牡蠣を食べる人が多いため、広島の人にも「がんがん焼き」は大人気!
メニューの1つ「カキコース」はさらにオススメ。牡蠣の3大料理「焼き牡蠣」「カキフライ」「牡蠣の味噌鍋」を一度に味わえるメニューです。この「カキコース」でぜひ牡蠣を堪能しつくしてもらいたい!そして「かきのがんがん焼き」でおいしい焼き牡蠣も楽しんで帰ってくださいね。

広島のかき祭り

広島のかき祭り

広島のホテルならパークサイドホテル広島平和公園

番外編としてご紹介するのは「かき祭り」!牡蠣のお店ではないので、いつでも行けるわけではありませんが、もし観光の大きな目的が牡蠣を食べるということであれば、ぜひ行ってみてもらいたいイベントです。

毎年、おおよその日程が決まっているので、その日に合わせて広島に来るということもできます。広島県のホームページに「広島かき祭りカレンダー」というページがあり、各地のかき祭りの予定が載っています。いろいろな地域でかき祭りが行われているのがわかります。
自分が観光に行くところでタイミングよくかき祭りがあるならそれがベスト。でももしここに行く!と決めているところがないならば、オススメはやはり宮島で行われる「宮島かき祭り」!さまざまな牡蠣料理を食べることができたり、牡蠣の直販コーナーもあります。こんなにお手頃で新鮮な牡蠣を食べたり、買ったりできるところはなかなかありません。宮島で観光を楽しみつつ、おいしい牡蠣を食べる・・・。なかなか経験できない体験をぜひかき祭りでしてみてください。

まとめ

広島に観光に来る人の中には「ぜひ牡蠣を食べたい」と思ってくる人も多くいます。広島には牡蠣が食べられるお店が本当にたくさんあります。洋食や和食のお店、ファミリーレストランでも牡蠣のシーズンには牡蠣料理が食べられます。

ただせっかく広島に観光に来て牡蠣を食べるなら、よりおいしいお店で食べてもらいたい・・・。高級な牡蠣料理からシンプルな焼き牡蠣をたくさん食べられるお店まで幅広くあります。繁華街にあったり、街のはずれにあったりとどこに食べに行くか迷うこともありますが、どこにおいしい牡蠣のお店があるかを知って行ってみて欲しいと思います。
そしてぜひおいしいお店を見つけて、広島の牡蠣を思う存分味わってもらいたいです。

広島の牡蠣が一番おいしいのは冬の時期。おいしいお店を見つけたら、今度は牡蠣のおいしいシーズンにまた広島を訪れて、本当においしい牡蠣屋さんで最高の牡蠣料理を楽しんでくださいね!