中国LOVERS

秋芳洞だけじゃない!山口県の絶対に外せない観光スポットTOP13

2017年09月21日(木)/山口

Pocket

本州の最西端に位置する県で中国地方の1つでもある山口県!実は内閣総理大臣の輩出数が日本一の県でもあり、九州地方に近いことから交流が活発な県でもあります。そんな山口県ですが、ふぐ料理はもちろんのこと、近年は観光スポットとしても注目を浴びています。日本各地からだけではなく、アジアやヨーロッパなど世界各国から旅行に訪れる人が多く、もはや日本を代表する観光地になろうとしています。今回はそんな山口県のおススメの観光スポットをご紹介します。少しでもあなたの山口県の旅行に役だっていたたけましたら幸いでございます。どこも行きたいと思える場所をピックアップしましたので、楽しみにご覧くださいませ。

①秋芳洞

秋芳洞

日本三大鍾乳洞の1つである秋芳洞は、幽玄な景色と洞窟独特の雰囲気を合わせ持っていて探検のような気分で洞窟内を散歩することができる観光スポットです。家族連れや友人同士、カップルにもおススメできるスポットで、洞窟内にある岩のキレ肌などの自然が作り出した造形物は圧巻で、1度見ると虜になってしまいます。また、嬉しいことに山口駅、新山口駅、下関駅よりバスが出ているので、アクセス環境も抜群にそろっていると言えます。夏に行くと、涼しさを存分に味わえますよ。

秋芳洞

②角島大橋

角島大橋

出典:じゃらんNet

角島と本土を結ぶ全長1780mの大規模な橋で美しいマリンブルーの海の上を渡ることができる橋で海風を存分に味わうことができるのと、橋から見える海の景色は圧巻で、自然の雄大さを感じることができますよ。また、橋近くの海水浴場は沖縄のような白砂になっていて、まさに絶景と呼べるスポットでもあります。長時間、橋の上を走りながら海の景色を楽しむことができ、マリンブルーだけでなく、場所によってはエメラルドグリーンを見ることもできるので飽きることなく海の景色を楽しむことができる貴重なスポットです。

③岩国の錦帯橋

岩国の錦帯橋

出典:錦帯橋

山口県岩国市にある錦川にかかる木造アーチ型の錦帯橋で、外から見るとアーチ状でグネグネしているので見るだけでも価値のある橋になっています。最近では若者のインスタのスポットにもなっているので、幅広い世代に愛される観光スポットになり始めています。気になる橋ですが、アーチ状であるため傾斜があるのでゆっくり渡る感じになりますが、それがまた趣があり、景色を十分に楽しめます。見上げると山の上の岩国城も見えるので、岩国城をバックに写真を撮る観光客がいっぱいいます。外国人にも人気があり、世界の橋の研究材料にもなっています。ただの橋と侮ってはいけません。

④萩町の菊屋横丁

萩町の菊屋横丁

出典:ぶらネタ

歴史を感じることができる町並みと近年の幕末ブームより高杉新作の旧居があることからヤングからシニア世代まで幅広い世代に注目されるようになったのが萩市の菊屋横丁です。特に人気があるのが、菊屋家住宅で、現在は歴史民俗資料館的な役割になっています。建物内から当時の生活を如実に想像できたり、立派に手入れされている庭園など、趣が高い物ばかりです。また、美術品や工芸品も展示されているので、萩市の歴史を思う存分に学ぶことができる貴重な施設になっています。幕末の時代にタイムスリップしたかのような気分になれますので、ぜひ、一度足を運んでみましょう。

⑤松蔭神社

松蔭神社

出典:萩ゲストハウスruco

幕末に活躍した吉田松陰が祀られている神社で、大きな鳥居をくぐった先に本堂などがあり、大河ドラマ「花萌ゆ」の放送もあり、近年は幅広い世代の人が参拝をしに来る神社になっています。大きな神社でもないので歩く距離も少なく、また、駐車場も無料なのが嬉しいポイントでもあります。さらに若者を中心に注目を浴びているのが、おみくじです。ここのおみくじは他の神社と違うのは、傘の形をしていることであり、表現も大雨や快晴などと言った感じで表しています。色とりどりの傘が括られている木は見ると意外と面白く風情があります。雨が降るとまた趣が高くなるのもここの神社の特徴です。

⑥松下村塾

松下村塾

出典:萩市観光協会「ぶらり萩あるき」500

松陰神社の境内にある文化遺産で、幕末期に吉田松陰が開いた私塾であり、伊藤博文、山縣有朋、岡部富太郎など明治維新で活躍した方々を多く輩出した塾であり、世界的にも価値のある遺産になっています。幕末に建てられてからそのまま現存されているので、かなり貴重な建物となっています。建物内には当時の資料や吉田松陰に関することものが多く展示されています。また、ここの門下生である高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一の4人を「松下村塾の四天王」と呼ばれていて、近年の幕末ブームからココも注目される観光スポットになっています。松陰神社と一緒に楽しめますよ。

⑦瑠璃光寺

瑠璃光寺

出典:じゃらんNet

山口県山口市にある由緒あるお寺で、室町時代に建立されたという歴史もあり、日本三大名塔にあたる五重塔が有名で、近くで見ると圧巻されますよ。四季折々の姿を見せる庭園も見事で、静かな時間が流れている感じがして慌ただしさから解放された感じがして癒されます。また、一番の醍醐味でもある五重塔は遠くから見てもすぐにわかり、近くで見ると迫力を感じます。庭園と合わせて写真に収めることもできて、境内の中がちょっとした写真の撮影スポットになっています。たまには歴史ある建物としっかり整理された庭園に癒されて見てもいいのではないでしょうか。

⑧唐戸市場

唐戸市場

朝に取れたての新鮮な魚介類を降ろしている市場で、一般の方も入場できて購入することができます。山口県では最大級の市場であり、新鮮なお魚料理が味わえる市場としても有名で、全国からグルメ好きが訪れることもあります。何よりも目を引くのが、とれたてのお魚から作った握り寿司です。パックなどには入っておらず店頭に並んでいて好きなネタを選んでお金を払って食べるような感じです。お店はいっぱいあって、場所によって値段が変わるので、全部を見まわしてから購入して味わうのが得策かもしれません。山口県ならではのふぐの刺身やからあげなどもあるので、存分に山口県を味わえます。

唐戸市場

※写真は閉店間際のため、余り物で500円販売してあったにぎり寿司の詰め合わせです。

⑨元乃隅稲成神社

元乃隅稲成神社

出典:長門市観光

神社なのですが、幻想的な風景が広がるスポットとして有名で、近年では外国人にも人気があり、ここにいるだけで国際交流ができるくらいになっています。海に向かって無数の鳥居が連なっているので、まずそこから不思議な感じに襲われます。また、さい銭箱が取り付けられた大鳥居がありますが、おそらく世界一高い場所にあるさい銭箱です。神社と海が見えるロケーションが非常に趣高く幻想的で、神々の世界に来たような感じに襲われます。その雄大さからいつしかパワースポットにもなっていました。また、カップル同士でのデートスポットとしても人気があります。

⑩市立 しものせき水族館 海響館

市立 しものせき水族館 海響館

出典:Naverまとめ

山口県下関市にある水族館で市立の水族館ですが、大規模な作りになっていて、展示物も豊富であり、大人から子供までが楽しむことができる水族館となっています。下関市ならでは言えるのが世界のフグを100種類展示していることで、ふぐの事を良く知れる水族館にもなっています。また、世界最大の生物でもあるシロナガスクジラの骨格標本も展示しています。イルカやアシカのショーも見ることができるので1日いても飽きない演出がそろっているので、ぜひ家族連れやカップルなどにおススメします。

⑪関門トンネル人道

関門トンネル人道

出典:山口ちゃんねる

本州と九州を結ぶ海底トンネルで、全長780mで往復できる距離になっています。何にもないトンネルをただ渡るだけですが、大陸と大陸をつなぐトンネルであり、歩いて大陸を乗り移れるとなると何だかワクワクした気分になります。利用は無料なのが嬉しいポイントでもあります。山口県にきたら一度は体験してみたいことでもあります。

⑫萩城城下町

萩城城下町

出典:hagi.jp

江戸時代の風情が残っている町並みで、歩いているだけで楽しくなる雰囲気があります。もともとは中国地方を代表する戦国大名の毛利輝元が築いた城下町でもあり、歴史的に重要な場所でもあったことから当時の栄えていた雰囲気が如実に感じることができます。電柱が地中に埋められているので、空が広く感じられて快晴の時は、江戸時代の街並みと一緒になるので非常に趣が高いです。ぜひ、江戸情緒を感じてみましょう。

⑬岩国城

岩国城

出典:www.geocities.jp

錦川の近くの山の上にあるお城で、山口県を代表するお城となっています。山頂までは歩いて登ると1時間かかりますが、ロープウェイが整備されていて、雄大な景色を見ながらお城まで行くことができます。場内は刀や山口県の歴史を展示していて、いろいろと学ぶことができます。しかし、それ以上に凄いのが天守閣の展望台です。岩国市内を一望できるので、迫力は満載です。心地よい風に当たりながら圧巻の景色を見ることができるので人気がありますよ。地元の方もよく来る観光スポットになっています。

山口県は、歴史を感じさせる城や街並み、秋吉台による鍾乳洞しかないと思っている方は、意外と多いのではないでしょうか。それでけではなく、山口県は、自然が豊かで神社仏閣巡りができる最高のスポットとご認識いただけましたら幸いです。